2004年04月27日

真の巨乳とは...

先日、秩父を訪れたときに、ふれあい牧場なる観光牧場へ立ち寄ってみた...
喫茶店で、お約束のように、しぼりたて牛乳とソフトクリームをいただき、そこら辺で食べるものと変わらない味に、少々落胆を感じながら店を出た...
駐車場に隣接して、牛舎が建っていた...
ドアは、入ってくれと言わんばかりに全開にになっていたので、ちょっと覗いてみた...
中には、10頭ほどの乳牛がくつろいでいた...
数頭の牛の姉さんたちが、ジロリとこちらを見ながら、ブルルルルと鼻を鳴らしている.... もしかしたら「あらら..客が来たわよ...」なんて言っていたのかも...
なかなか乳牛を側で見る機会などないので、よーく観察してみた...
やはり、見事に張った巨大乳房が印象的だ...
うしし
posted by NOBU at 01:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとした発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月26日

新江ノ島水族館

江ノ島の近くに、小さな水族館があったのは、昔から知っていました...
デートなんかで江ノ島を訪れることはあっても、そんな小さな水族館に立ち寄ることまではしませんでした..
すばらしい晴天の日曜日... 朝のひとときをラジオを聞きながらベランダで日なたぼっこしていると、つい最近... 4月に入ってから、そんな水族館がでっかくリニューアルしたという話題が流れてきました。
これは、なかなか面白そう!!
さっそく、僕は車を週末の空いた第三京浜を江ノ島へ向けて飛ばしていきました...

あたりまえだけど、江ノ島周辺は大渋滞!! でもそんな渋滞も海沿いの美しい景色を眺めるには、もってこい! きらきらと太陽できらめく海に見とれている内に、駐車場に到着。

相模湾を模した大水槽を中心に、近海物のメジャーな生き物を中心に入れた小水槽と、標本を少々配置し、ペンギン、アシカ、イルカショーだけのこぢんまりとした水族館.. まだオープンまもないからか、魚たちが妙に生き生きとしていたのが、印象的だな... 

イルカショーは、実に変わっていた... なんでも、人間とイルカたちが一緒にミュージカルをコラボレーションで演じるというもの.. 
ストーリーは、理解できなかったけど、イルカ君たちが一生懸命だったのには、ちょっとだけ感動... 

いつか、空いたころにまた行こうかな..
えのしま


posted by NOBU at 00:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月20日

三浦半島

三浦半島って、日本地図で見るとなんだかちっちゃくて、ギザギザしているから、おおよそ平坦な土地なんか無いだろうと、思っていたんだ...
でも、実は違った...
意外にも、平坦な土地と、見渡す限りの農地が広がっていた..
収穫を待つ、春キャベツ畑が延々と続いていた....
僕の車は、そんな夕暮れの畑の中を、三崎を目指して駆け抜ける...

みうら
posted by NOBU at 00:45| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとした発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月19日

白イルカ

横浜八景島には、ショーをするイルカたちがいます...
トレーナーの支持に合わせて、飛んだり跳ねたり、果ては歌まで歌う!! (もちろん、ほうぇーうぇーうぇー♪ って感じですが...)
実によく言うことを聞いているのです。
もしかしたら、あのイルカたちって... ショーで演技をして、観客からの拍手や歓声をもらうのを心から楽しみにしているのでは?  なんて、思えて仕方がありません...

素敵なショーにすっかり感動した僕は、イルカ水槽の横にあるのぞき窓から、イルカ君達の姿を見ることにしました...
直径が1mほどの丸いアクリルの窓の中をのぞき込むと、白イルカ君たちが、しばしの休憩をしていました...
水中で気持ちよさそうに、ゆっくりクルクルと回りながら、漂っているのが印象的だったな... 
べるーが
posted by NOBU at 00:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとした発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月17日

ブルーフォール

三浦半島の八景島シーパラダイスに、その悪夢のような乗り物はある...
その名は、ブルーフォール...
さわやかな印象を与える名前とは裏腹に、その乗れ物の僕にとっての印象は、悪夢以外のなにものでもない...
空へ向かってそびえ立つ巨大タワー... 
外周には、6人程度か座れる昇降するベンチが6台ほど設置されている..
もちろんベンチは、むき出しであり... 客は鉄のバーにより、飛び出さないようにベンチへ押さえつけられる...
ベンチが頂点まで、ゆるりと上っていき... 頂点まで着くと、間髪を入れずに、9.8m/s^2の加速度で地面へ向かってまっしぐら....
地上10mぐらいのところで、急減速して停止する.. ただそれだけ..
回転するとか、加速がスゴイとか、スピードがスゴイとか... そういうのでは無い、ただ落下するだけの恐怖...
僕には刺激が強すぎる... ビビってんの..実のところ..
タワー


posted by NOBU at 23:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとした発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月12日

ラストサンライズスキー

4月11日(日曜日)..
苗場スキー場での、今シーズン最後のサンライズスキー営業日..
前夜、天気図を見ると、おおむね晴れの予報..
気がつくと、深夜の関越道を北へ向けて走る車の中にいた...
東京では、すでに桜も散り、20度を超える日まで珍しくなくなってきている...
はたして、まだ雪はあるのだろうか... かすかな不安をおぼえた。
深夜、現地へ到着.. 夜明けを待つ...
夜明け...
よかった... ゲレンデの雪は、最後の降雪から時間がたっているらしく、汚れている物の、まだ雪の世界... しかし暖かい.. 
6:30のゴンドラ始動に合わせて滑り出す
ゴンドラを降りて頂上に立つ... 雪は、ザラメ雪が凍って、かき氷を冷凍庫で固めたような感じ... でも、雪は雪..
一蹴りして、ゴンドラ乗り場へ向かって、斜面を滑り降りる... 
重力に身を任せ、スピードがどんどん上がっていく... 
この恐怖感...爽快感とも、これでほんとに来年までお別れ... 
筋肉に乳酸が満ちて歩けなくなるまで、滑り続けました...
ゲレンデの所々から顔を覗かせる芝生の香りが、印象的でした.. 

サンライズスキー2
posted by NOBU at 23:22| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | SKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月08日

老舗ホテル

老舗のホテルは、独特の雰囲気がある...
最近のホテルのような無機質で整然としたような感じではなく、ゴテゴテとして華美でエキゾチックな雰囲気といった感じでしょうか...
ホテルオークラを夕暮れ時に通りかかると、黒塗りの車が並び、いかにもビジネスマンといった感じの外国人達が見に止まった...
なんとなく好奇心に駆られたので、さっそく中へ入ってみた....
ウッディな内装... 着物を着た案内係... 豪華なシャンデリア...
どこかでみたような... その風景
そう... あれは、昭和40年代に一世を風靡した映画 若大将シリーズの中にたびたび登場する、豪華なホテルだ....
なんということか... ここは、あのころのままなのた゛...
時を隔てても変わらない... 今の時代には、貴重なことかも知れない..

オークラ
posted by NOBU at 00:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月06日

馬事公苑

春の暖かさに誘われて、馬事公苑までお散歩へ行きました..
丁度、桜の花も見ごろを迎え、桜の木々の下では、たくさんの人が楽しそうにお弁当を食べていました....
馬場では、学生の馬術競技会が、開催されていました。
さっそくガラガラの観覧席に陣取りました...
馬術競技というと、やはり障害物を飛び越えたりする、勇壮なものをイメージしていましたが、今日の大会は違いました... 
なーんにもない馬場に、馬にまたがった選手が一人...
どんな動きをするかと思いきや、ポクポク、ポクポク馬場を歩き回るのです...
真ん中で停止したかと思うと、今度は後ずさり... 
「なにをしているのだろう....」なんて疑問に感じていると... 選手がおもむろに帽子を取り、審判席へ一礼...  そう..それで終わり...
誰からも、拍手も歓声もない...実に地味な競技会...
それでも、太陽が気持ち良かったので、そのまま観覧席でその後の3選手の競技を観た.... 
なるほど、この競技は、スケートで言う規程のようなものに違いないと気がついた..
よくよく観ると、馬によって、結構動きが違っている... やる気のある馬、落ち着きのない馬、適当に動く馬... 乗り手の操作によるのかも知れないけど、あきらかに馬の感情の方が、大きな要素に違いないと感じるな...

馬事公苑
posted by NOBU at 02:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月03日

すずらん通り

「すずらん通り」って商店街の名称としては、ポピュラーだよね...
なんとなくノスタルジーを感じてしまうのが面白い...
そういえば、最近、商店街ってあんまり利用しないと思いませんか?
うちの近所には、松陰神社商店街というのがあって、たくさんのお店屋さんが軒をつらねています。朝は始まりが遅いし、夕方は終わりが早いし... 僕のような生活をしていると、週末にでも立ち寄らない限り、開店している店にはお目にかかれそうもない....

すずらん
posted by NOBU at 02:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとした発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月02日

桜は咲いているか...

今日から4月... 
新しい季節の始まり...
東京のあたりでは、桜はやはり4月の花...
満開を少し過ぎて、風に吹かれて、吹雪のように散る桜の花で、街がなんとなく明るくなる頃が、いちばん好きかな...
なんとなく心が躍る...
今頃の季節になると、以前は仲間同士で、花見をしようと盛り上がったものだ..
近所の公園に咲く桜の樹の下にビニールシートを敷き、ビールなどのお酒や色々なおつまみを買い込み、寒さに震えながら酒盛りをしたものだ。
いつの頃からか、そういうことも無くなり、桜の季節がやってきても、いつもと変わらない平穏かつ退屈な日々が過ぎゆくばかりとなった....
本当は.... 寂しくて仕方がないのである...

桜
posted by NOBU at 01:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。