2004年09月30日

海産物市場

漁港の海産物市場というのは、活気があってとても楽しいです。
僕は、見知らぬ海辺の土地へ旅行へ行くときは、国内国外を問わず市場を観光することが多いです。
特に大きな漁港ともなると、見渡す限り魚魚魚... 並んでいる魚を眺めているだけでも、見たこともないような魚がいたりして、ワクワクしてしまいます。
この大洗漁港は、そろそろ牡蠣のシーズンに入っているようで、たくさんの牡蠣がならんでいました。
大きな岩牡蠣を1個600円くらいで、その場で殻を割ってレモンと醤油をかけて、食べさせるような売り方をしている店もありました。
僕もお目当ては、市場隣接の回転寿司...
さすがに待ちの回転寿司とは違って、安くてネタがでかくて閉店時間が早い!(^_^;)
極上大トロが2貫で800円! アンビリーバブルな安さ。
美しく網目状に脂のった薄いピンク色の大トロは大胆な大きさに切り分けられ、シャリ2個分でも余裕で覆い尽くせるぐらいでした... トロけるような食感も文句なし! これだけで大満足でした。(^_^)
回転寿司屋が閉店時間18:50になったので店を出ると、先ほどまで大にぎわいだった市場は、すでにほとんど撤収されており、ちょっと早い夜の眠りにつこうしていました..
fishmart
posted by NOBU at 01:29| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月28日

サーファー

どんよりと曇った日... たえず吹き続ける海からの風... しかし、海の色は、僕の心の中のように暗く濁っている...
サーファーも心なしか寒そう...
surf
posted by NOBU at 02:43| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとした発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月26日

エトピリカ

大洗の水族館には、エトピリカという変わった海鳥も飼われていました。
ウミスズメ科ということで、確かにスズメのようなずんぐりむっくりの体型をしています。
http://www.sizenken.biodic.go.jp/rdb/txt/content/018.html

アクリルで仕切られた水槽の中で、チョコチョコとせわしなく足をばたつかせて、水面を漂っていました。その姿は、まるでお風呂のおもちゃのアヒル君のようであり、思わずユーモラスに動きにニンマリしてしまいました。

おやおや... ニタニタしていたら、こちらへ一羽やってきた。
ここぞとばかり、僕はアクリル水槽に顔を寄せてエトピリカ氏をじーっと見つめる。
奴は奴で、水槽に顔を寄せている変な人間に興味があるのか?、ただの暇つぶしなのか?... とにかく一生懸命足をバタつかせて体を寄せてくる.... 
試しに少し移動してみると、やっぱりこちらへやってくる...
うぅ.. 可愛い!! (^_^)
etp
posted by NOBU at 22:39| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとした発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

踊るマンボウ

マンボウという生き物は、実に不思議な姿をしていますよね...
図体のデカさもさることながら、上下に伸びた大きなヒレをジタバタと動かしながら、愚鈍な動きで水中を漂っているだけ...
弱肉強食の大海のなかで、本当に生きていけるのか、見れば見るほど謎です。
本日の大洗にある水族館は、異常なほど空いていました。お陰でじっくりマンボウたちを眺めることができました。
しばらく水槽の壁に顔を近づけていると、一頭のマンポウがノロノロとこちらへ向かってきました。なんともだらしない口元をパクパクさせながら...
大きな目をギョロギョロさせて、こちらの様子をうかがっています。僕も負けじと奴とにらめっこ...
おやおや... なんだかイヤイヤをするみたいに動き出したぞ..
なんだか踊っているみたいだ。
気に入られたかな..? それとも嫌われたかな..?
mambp
posted by NOBU at 02:40| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月23日

量子テレポーテーション!!

何気なくYAHOOニュースを見ていたら、ひとつの記事が目に止まりました。「量子テレポーテーションに成功…東大チーム」というもの...
量子テレポーテーションとは、深く関連づけられた素粒子間の情報の移動のことで、理論上は素粒子間の距離は関係なく、瞬時に情報が移動するというものなのです!!
http://www.nucleng.kyoto-u.ac.jp/Groups/Gr4/Gr4-1/qtelpo.html
その昔、自然を確定的に表せない量子論の嫌いなアインシュタイン一派と、量子論の提唱者ニールス・ボーアが、論争している中で出てきた思考実験のひとつの実証ということで、理論も難しいけど、よく実証出来たものだと、とても驚きました。
きっとコンピューターに関する技術の進歩に大きく寄与するのでしょうね...
面白いと思ったのは、"離れた地点に瞬間移動する。"という現象が、起こりうるということが明らかななったことです。
離れていても心が通じる"虫の知らせ"、"幽体離脱"... なんていうのも、もしかしたら量子テレポーテーションが人間の思考のレベルで発生するからだったりして... 
寝ぼけた人が見間違えたなんて、言っていられなくなる日が来るかも知れませんね..(^_^;)
pict1
posted by NOBU at 18:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月22日

ゴルフな季節

ゴルフは、日本ではオヤジ趣味の代表格であります。
確かにゴルフ場へ行くと、ブヨブヨのお腹に白い足をニョッキリ出し、きつめのアフターシェーブローションの臭いをまき散らしているような、真おじさま達がチョコチョコと歩き回っております。
キャディさんへ、セクハラ抵触のつまらん下ネタ丸出しギャグを連発したり、エチケット無視のグズノロプレーをしたりと、ゴルフを侮辱しているような人々を必ず見かけます....
でも本当は... ゴルフは、大胆さと繊細さと、すぐれた戦略が要求される、とても知的なスポーツなのです。
嘘だと思ったら、ちょっと練習場へ通って、ボールに当たるようになってから、ゴルフコースへデビューしてみて下さい。
雄大な芝生の中へ、ちっこい球を思いっきり打ち出す... 
誰でも、こんなに気分爽快になれる球技系スポーツは、他にはありません。
今は、とてもよい季節... ぜひお試し下さい!
golf
posted by NOBU at 23:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとした発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月21日

東京は記録更新中

暑い... 昼下がりの東京地方は、今日も30度を超えた...
屋外を早足で歩くと、汗がにじんでくる。
今日で真夏日の記録を更新したとのこと....なんと68日だそうである。
街角にハイビスカスでも咲いていても、案外似合うかもしれないな...
hana
posted by NOBU at 22:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月20日

ファイナルアプローチ

連休の羽田空港は、P1,P2の大型駐車場が満車になるほどの大混雑...
飛行機も、ひっきりなしに離発着していた。
僕も飛行機でどこか遠くへ出かけたかったけれど、今回はがまん...
ファイナルアプローチをする航路下にある城南島で、帰ってくる飛行機たちをぼーっと眺めながら、しばしひなたぼっこ。
最後の左旋回でよろよろするもの、低い高度で入ってくるもの、高い高度ではいってくるもの、やたら飛ばして入ってくるもの... パイロットの個性なのか、はたまた機体の特性なのか、よく見れば、いろいろな飛び方をするものです。
ジャンボのような大きな機体だと、けっこう風切り音が大きく、空港の展望ブリッジでは見られない、彼女たちの生き生きした姿が楽しめました。
東京湾を渡る南風は、相変わらず暖かく... 心地よいひとときを過ごしました。
landing
posted by NOBU at 23:41| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月19日

キューベルワーゲン

ビートルという名で、世界中の人に愛されたフォルクスワーゲンのかぶと虫型のかわいい自動車は、最近まで生産されていたこともあり、あまりにも有名です。
第二次大戦中、ビートルも軍事転用され、フェルディナント・ポルシェ博士の手により、このキューベルワーゲンとして生まれ変わり、約5万台も生産されたのでした。
ヨーロッパを駆けめぐり、アフリカの砂漠から、ロシアの泥濘の中まで、兵士達の頼れる足として愛されていたそうです。
今見ても、なかなか素敵なデザイン.... 
ちょっと欲しい気もします。
CWagen
posted by NOBU at 01:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ちょっとした発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月18日

能登島の宿にて...

旅先での楽しみと言えば、やはりご当地の食べ物。
旅館や民宿へ宿泊したときなど、特に地元の食べ物に期待してしまう。
この写真の刺身小鉢は、能登半島の能登島へ行ったときの宿での夕食。
刺身小鉢と言えば、赤身の美しい鮪と、脂ののったハマチと、透き通りそうなイカが、つまと大葉の上に、そそり立つように盛られ、小さなしその花が添えられている...というのが定番である。
能登島の刺身小鉢は、地元の小魚が大胆にカットされ盛りつけられていた。
身の締まった刺身とはほど遠く、歯ごたえも緩いけど、とても新鮮な謎の魚の味は、旅の思い出として心に残っております。
きっと普通の刺身小鉢だったら、今頃は忘却の彼方でしょう...
sasimi
posted by NOBU at 16:52| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 食べ物ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月17日

浅間山は燃えているか?

9/1の噴火以降、ずーっと気になっていた浅間山。
このところ動きが激しくなってきた。
http://www.jma.go.jp/JMA_HP/jp/volcano/306-040916194058.03.html

地震の回数も多いし、火口付近の火炎現象も起きているし、傾斜計の変化もあるし... 8/31-9/1の状況に比べても、さらに動きが激しいのに、噴火予知とかの情報が出てこないのは、いいのかなぁ...
かなり心配です。
asama2
  ↑ これは今日の映像ではないよ! (^_^;)
posted by NOBU at 02:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月15日

漁港にて

素晴らしい夕日を見ながら内房の道路をひた走りました...
目的の漁港に到着。 いよいよ夕日が隠れようとしていました。
ポんポんポんポんポん.... という漁船のエンジンの音...
キュゥ..キュゥ...キュキュキュゥゥ...というサイレンのような音...
聞こえてきそうでしょ.?
ぜんぜんしませんでした... 残念!
ドラマや映画でででくる港の音って、やっぱり変だよね...
とくにあのサイレンみたいなのなんか、港で聞いたことないょ。(^_^;)

ぐぅぅぅ... 聞こえてくるのは、僕の腹の音
さてと...今夜は、漁港の食堂で近海物の魚を食べまくり!
http://www.awa.or.jp/home/hota-gk/menu.htm
漁港なので、とにかく新鮮!!  
魚が食べたくなると、ついつい立ち寄ってしまうお店です。
ssgyo
posted by NOBU at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとした発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京湾に沈む夕日

久々に綺麗な夕日でした...
大昔のドラマとかで、夕日に向かって走るシーンとかって良くあったな...なんて思い出したり。
確か、そういうときの夕日って、もーっともっとでっかくて、ブラッディオレンジのような、もっと赤かったような... 
もしかしたら、そういうのは、映像のまやかしだったのかも知れませんね...

空と水平線と海の織りなす淡く絶妙なグラデーション
水面に長く眩しく写るオレンジ色の輝き
どんな天才画家でも、自然の一瞬の美しさには、かなわないよな... などと思ってしまう一時でした。
dn
posted by NOBU at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとした発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月13日

空母..? いえいえ... うみほたるです!

大海原を波を蹴立てて突き進む船の露天デッキに立ったような.... そんな錯覚に陥りそうな、アクアライン海ほたるの展望デッキ..
ここへ来ると、毎回思うのですが、東京湾もすてたもんじゃないなって。
海面を見れば、かもめたちが乱舞し、魚たちがはね回り... 大きな貨物船から小さな漁船まで沢山の船が往来する。木更津側の海では、漁師達が偵知網をしかけている.... 潮騒の代わりに、時折..羽田へ最終着陸態勢に入ったジェット機の爆音が聞こえてくる。
日曜日の昼下がりには、このデッキでは、アマチュアのジャズバンドも繰り出して、ちょっとしたシーサイドリゾートの雰囲気さえ漂っていました。
umiho
posted by NOBU at 22:34| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとした発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京ドイツ村

久々にすっきりと晴れた、東京地方の日曜日...
なーんにも予定がないので、TSUTAYAでDVDでも借りて一日中観ちゃおうか...とも思ったのだけれど、限りある観たいDVD版の映画資源をここで無駄に観てしまうのもなんだな...と思ったので方針変更..
何か面白いものは無いか..?  などと朝っぱらからパソコンで検索
...
東京ドイツ村 なるものを発見!!
場所は、千葉県木更津市ときたもんだ... キターーーーーッ(^^)/
これこれ..
なんで、千葉県なのに東京なの? なんでドイツ村なの?

数分の後... 僕は車上の人となりました。
アクアラインを一路木更津へひた走る...
約1.5時間で到着..

東京ドイツ村は、広大な敷地に広がる自然が、とても印象的でした...
名前の由来も結局は謎のまま.. 
ドイツ的なものは、あまり期待しないほうが良いです。でも、この広大な芝生の丘は実に素晴らしいですよ!!
この芝生のためだけに再訪しても良いくらいです。
dv
posted by NOBU at 01:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月12日

憎しみの連鎖

9.11の事件は、僕の心の中にも生々しい記憶として残っています......
この数日間、あの事件の検証番組や関連記事などが盛んに放映されたり目にすることが多くなり、否応なしに思い出されてしまいました。
キーワードとして良く出てくるのが「憎しみの連鎖」
憎しみが原動力となり新たな憎しみが生まれる...確かにそんな感じですね..
周りを見渡すと、自分の怒り発言・思考を原動力にして、新たな怒りを生み出している学校の先生や中間管理職の方を良く見かけます..
別にこれは、人間に限ったことではなく、核分裂の現象のように、一つの核分裂をきっかけに、新たな核分裂が連鎖していくようなことは、自然の摂理なのだと思います。
核分裂で考えれば、現象を起こさないようするためには、おおよそ2つの方法があります。ひとつは、不安定な核物質を安定を集めない。 もう一つは、核分裂を吸収させる物質を放り込む。などが考えられます...
人類の世界も同じ自然の摂理に従っていると考えると、核分裂と同じような事で、制御が出来るのではないか...と期待してしまいます。
近い未来に、歴史の教科書に2000年代という記述が出来たとき、「憎しみの連鎖」という項目がてきて....「あぁ...あのころは酷い時代だったねぇ..」と振り返ることができる... そんな日々を目指して、国家を運営して欲しいものです...
hana
posted by NOBU at 11:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月11日

車なんて...

僕の愛車が故障した... (T_T)
故障と言っても、エンジンとか駆動系とか走行に関わる所じゃなくて、運転席側のドアが内側から開かなくなった....
2枚しかないドアの1枚がダメなんだから、影響が大きい... なにより危険だし...
さっそく修理のためにディラーへ持ち込んだが、古い車のため(14年前に製造)のためか部品は、月曜日にならないと手に入らないとのこと。
おかげで... この週末は車のない生活。(T_T)

愛している車だから、本当はいつまでも乗り続けたいけど、遠くない未来にお別れの時も来そうな予感... 
車って高いからねぇ... ミニカーみたいに気軽に買えればいいんだけどね...
car
posted by NOBU at 09:22| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月10日

人体の不思議展

今日は、東京国際フォーラムで開催されている、人体の不思議展へ行ってきました。 http://www.jintai.co.jp/main.html
プラストミックという、人体を生前の状態そのままに樹脂化して保存する手法で作られた死体標本が展示されています。
全身標本、筋骨格系標本、頭部標本、神経系標本、消化器系標本、呼吸器系標本、循環器系標本、泌尿器系標本、生殖器系標本、胎児標本というカテゴリに分けられており、それぞれのテーマに合わせて製造された標本が展示されているのです.....
標本には、顔面などの皮膚や体毛が残っているものもあり、生前の姿を想像できてしまうようなリアルさで、ほとんどの標本はお年寄りのものだと思われます... 皮を切られ、筋肉を剥がされ・分解され... うつろな目で遠くを眺めるように立たされている標本を眺めていると、恐怖や気持ちの悪さとは違う、悲しい気持ちになりました... しかし、彼らのような献体のお陰で、医学を育まれているのですから... 敬意を表したいと思います。

僕がやってしまった頸骨高原骨折の場所をまじまじと観察してしまいました.... 標本のむき出しの骨格で見ても、修理は難しそうなのに、生身の僕のあんよを良くまあうまいこと直してくれたものです。
お医者さんというのは凄いなぁ... とあらためて感動しました。 

しばらく、焼き肉屋へ行ってもホルモンはやめときます...(^_^;)
bridge
posted by NOBU at 22:44| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月07日

これを見てくれませんか

千葉県の保田漁港を散歩しているとき、面白い看板をみつけました。
見ている人へ親しげに話しかける看板... 
うーん、なかなか素敵 (^_^;)

wq
posted by NOBU at 23:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとした発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月06日

さよなら夏の日

あれだけ暑い日々が続いていたのに....
暑いのが辛いと、毎日嘆いていたのに....
夏などとっとと去ってしまえと思っていたのに...
いざ、夏が去ってしまうと、もう恋しくなっているし...
夏山の写真を見ていると、今すぐにでもこの写真の世界へ行きたくなってしまう..
僕は自分勝手だなぁとつくづく思った。

今は、嵐の季節... 
去年の今頃も、たしか.. 台風が連ちゃんしていた。
この嵐が去ってしまうと、いよいよ秋本番...
なんだか、その言葉の響きだけで、すでに寂しい...
yarigatak
posted by NOBU at 23:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとした発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。