2006年08月30日

空中散歩

夏の苗場では、ヘリコプターで空中散歩ができるイベントをやっていました。
希有な機会なので、さっそく搭乗手続き....

大駐車場の奥の方にある、堤さん専用といわれたヘリポートから発着します。
P8140131.jpg

頭上をヒュンヒュンと回るローターは、なんとも気味悪し....
もし当たったら、瞬間に粉みじんだもんね....
かつて、映画トワイライトゾーンの撮影中に、墜落したヘリのローターで俳優ビックモロー (コンバットのサンダース軍曹役が有名) が、瞬時に砕かれた衝撃映像を思い出してしまった。

P8140133.jpg
全員乗ったら発進しまーす!

P8140136.jpg
ひときわエンジン音が高くなったと思ったら、ふわぁっと離陸。
もうプリンスホテルの目の前まで来ちゃった...

P8140139.jpg
夏のゲレンデは、なんともこんな感じ。 高圧線に引っかからないように旋回しまーす。
冬のシーズンが待ち遠しいな...

posted by NOBU at 02:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

感動した!

久々に、高校野球を観て感動した一日でした...

正直なところここ数年、あまり高校野球は見ていませんでした。
甲子園の決勝戦が終わり、24時間テレビが終わると、いよいよ夏休みも終わり
というような、夏のマイルストーンといった存在でした。
どういうわけか、今年は高校野球をたくさん観てしまいました。
最後に逆転するような、ハラハラドキドキな良い試合が続いたからなのでしょうか....

しかし決勝戦〜再試合は、本当に素晴らしい試合でした。
素晴らしいピッチャーがしのぎを削り、ピンチに次ぐピンチにも、あきらめず立ち向かい、そして切り抜ける姿...
チームが一丸となって、仲間を補い合いながら戦う姿...
決着がつく瞬間の勝者の栄光と、敗者の切なさ... 
どんなドラマにも負けない感動がありますねぇ。

またこうして、今年の夏も終わりが近づいてきました...
P6240006.jpg
posted by NOBU at 02:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

苗場グリーンシーズン

東京があまりに暑いので、標高1000mの高原にある、苗場へ行ってみました。

P8060088.jpg
苗場スキー場は、緑の季節です。

P8060119.jpg
ゲレンデには、いろいろなアトラクションがあって、なかなか楽しい雰囲気です。

P8060120_1.jpg
こうしてゲレンデに立つと、雪の季節が待ち遠しくなります。
額から汗が流れ落ちます.....
昼間は30度を越えてやはり暑い (^_^;)
posted by NOBU at 03:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

玉手箱

もしかしたらあれは玉手箱だったのかも知れません....
20数年の時を隔てて、僕らは再会したのでした。
東根小学校6年4組... 
遠い春の日に、先生達や在校生に送られながら、晴れやかに校庭を行進し、校門から去っていったあの瞬間で、時の中に置き去りにしてしまった思い出。
とても仲の良かった僕らが、今まで集まらなかったのは、あの出来事が原因かもしれません...

あれは6年生になって間もない頃...
水曜日の授業の終わりに、いつものように担任の先生から「また明日」の声を聞いて帰宅しました。
僕は、いつものようにランドセルを自宅に投げ込むと、愛車(自転車)で校庭の脇を通って、いつもの公園へ走っていきました。
校庭では、水曜日の放課後のレクリエーションとして、先生達がテニスに興じていました。
ぼくらの先生も、コートを元気に走り回っていました。
それが最後でした...
その夜、緊急連絡網で、ぼくらの先生が心筋梗塞で急逝されたと回ってきました。
先生と僕らには明日は来なかったのでした。
幼い僕らが初めて直面する身近な人の死... 
悲しみを乗り越えるのには、時間がかかりました。
みんなで、いろいろな出来事を乗り越え、卒業の日を迎えたのを、良く憶えています。

あれから20数年。
僕の記憶の中の友達は、今日まではあの日のままだったのに、いまはまるで玉手箱を開けたかのように、一瞬のうちに現在の姿に変わってしまいました...
いろいろな方面で活躍する友達の話は、まるで自分のことのように嬉しくもあり、誇らしくもあり... 
夜が更けるのも忘れて、話は尽きませんでした。

別れ際、「また明日」と言って、それぞれの方向へ散っていきました..
果たして僕らの明日は、次はいつになることやら。
でも必ずその日は来るでしょう...
P6270257.jpg
posted by NOBU at 03:19| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。