2009年11月22日

タイムスリップ

TVドラマや小説のシチュエーションで、過去へタイムスリップするのは、昔から良くある手法のような気がする...
時空の穴にいろいろな状況で吸い込まれちゃって、いきなり過去に現れるといった感じ。(最近のは、主人公が高いところから、高いところから落っこちる事故をきっかけにしているのが多いけどね...)
すごいのになると映画「ファイナルカウントダウン」みたいに、アメリカの原子力空母が1941のパールハーバーに出現するなんてのもあったな...
古いTVドラマで、現代から19世紀末へタイムスリップしたっきりのもあったな...
あれの場合は、現代に残した元旦那への連絡に、肖像画を使っていました。
新しい旦那と結婚して、子供が生まれて、孫が出来て、お年寄りになって...  最後の絵の裏に、元旦那へのメッセージがあったりして、ちょっと切ないお話でした。

もし自分がタイムスリップできるとしたら、どの時代に行きたいか...
やっぱり1960年くらいかな...
目にする歴史的情報からすると、なんかエネルギッシュな感じに憧れちゃう。

未来から現代を見たら、どんな時代に見えるんだろう...
posted by NOBU at 01:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。