2007年05月07日

苗場ファイナル

GWも終わりに近い5月5日快晴
今シーズンの締めくくりに、久々に苗場へ行ってみました。
P5050057.jpg
気温はグングン上がり、20℃をとっくに超えて、暑いくらいの陽気です。
山々の雪もほとんど消えて、青い芽を吹き出した草原が広がっていました。

P5050066.jpg
ブルーの第二ゴンドラが運航していたので、飛び乗ってみました。
ダウンヒルコース下部は、ゴルフ場の中にあります。
緑なす芝生の中に、山の上からスキーコースが不自然に存在しています...

P5050070.jpg
周りの人を見ると、真冬のスキーウェアをちゃんと着込んで滑っている人が多かったです。安全のためには大切な事ですが、暑さに弱い僕にはムリ...
今回はチョットだけしか時間が無いので、軽装で滑ってみました。

P5050073.jpg
筍平のゲレンデは、こんな様子です。
山頂ゲレンデは、すでにクローズです。

P5050075.jpg
コース幅は、この状態では素晴らしいとしか言いようがありません。
リフト沿いの斜面は、スキースクールが占有して、ポールレッスンをやっていました。いいなぁ...(^_^;)

準備体操を入念に行い、全開で飛ばします。
雪質は大根おろし状態ですが、水たまりを避ければ、舵のきき具合も悪くないので、なかなか気持ちが良い!!
太陽がジリジリと肌を焼きます...

P5050081_2.jpg
大斜面も、一部を除けば、そこそこ雪が残っていました。
激しく重い雪の長い斜面...
沢山の人を避けながら飛ばすのには、結構体力使います。
リフトが心地よい休みになりました....
真冬はあんまり利用しない大斜面のペアリフトが大活躍です。

さすがGWだけあるのか、大斜面は大にぎわいでした。
P5050082.jpg

待ちあわせの時間が来たので下山...
もちろんダウンヒルコースを滑りました。
幅が狭いので、ちょっとしたミスでも草原に墜落します。意外とスリリング(^_^;)

しかし、いったいどうやってこんな風に雪を残すのでしょうか...ある意味驚異の技。
さてさて、今シーズンもこれで終わりかな...
かぐら は、27日までやっているけど、激混みだろうしね...

来シーズンは、雪が沢山降りますように!


posted by NOBU at 01:24| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | SKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。