2011年02月21日

日帰りスキー

冬の週末の楽しみは、僕にとってはスキーがメイン。
とにかくスキーのできる季節は短い... ゲレンデの雪便りがあってから雪が消えるまで、すべての週末をスキーに費やしたとしてもせいぜい40日... 雪質の良い時期は1月から3月上旬の限られた期間で悪天候でない日を考えると、両手におさまるくらいしかチャンスが無い。
この週末は、ほんとにまれな最高に良いコンディション.... 
残念ながら付いてきてくれる人が見つからなかったので、迷わず一人で行きました。
朝から 17:00の一日券でのリフト終了まで、昼ご飯もリフト上でチョコレート食べてごまかしながら滑りまくり....
仲間と滑るのは最高に楽しいけど、一人で滑るのも案外楽しい。
すでに心は来週の雪山に飛び始めています...

IMG_1189.jpg
posted by NOBU at 03:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

レストランダウヒル

プリンス系のゲレンデは、レストランのブランド名が統一されていて、初めて行ったゲレンデでも、どんなお店かだいたいメニューまで想像がつくところが心地よかったりもします...
レストランダウンヒルもそんな中のひとつですが、僕が思い入れがあるのが苗場の店です。
いまではレストランとしては営業はしていないのですが、なんだか好きな場所の一つです。かつては1.5キロのナイターコース(現在は廃止)の起点にあり、苗場が華やかなりし頃は、ここで夕食が食べられるイベントもあったとか聞いた事があります。
今では無料休憩所となって、建物のメンテナンスもあまりされてないようでとても寂しい限りですが、昔の思い出が蘇ってくるノスタルジースポットとして、ときどき密かに立ち寄ってます。
IMG_1090.jpg
posted by NOBU at 03:07| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | SKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

2009-2010シーズンイン!

26日(土)に苗場へ行ってきました。
今シーズンの初滑りです。(残念ながら今回は独りです....)
雪と気力がつづく限り、ガンガン滑りにいこうと思います!!

先週の冬型の天候のおかげで、雪不足の解消までは行かないものの、土が出ない程度に積雪していました。

薄い雪を良く整備してある斜面を、ひさびさの雪の感覚を確かめながら滑り始めました。
滑る前に、エッジや滑走面の調整を念入りに行ったのが功を奏したのか、すぐに昨シーズンの感覚が戻ってきました....

久しぶりの広大な苗場のゲレンデを隅から隅まで滑りまくって大満足...
気がつくと、運動不足の体が悲鳴をあげ、足がつって、まるで生まれたての子鹿のようにプルプルしてしまいました...(^^;)
posted by NOBU at 02:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

苗場ファイナル

GWも終わりに近い5月5日快晴
今シーズンの締めくくりに、久々に苗場へ行ってみました。
P5050057.jpg
気温はグングン上がり、20℃をとっくに超えて、暑いくらいの陽気です。
山々の雪もほとんど消えて、青い芽を吹き出した草原が広がっていました。

P5050066.jpg
ブルーの第二ゴンドラが運航していたので、飛び乗ってみました。
ダウンヒルコース下部は、ゴルフ場の中にあります。
緑なす芝生の中に、山の上からスキーコースが不自然に存在しています...

P5050070.jpg
周りの人を見ると、真冬のスキーウェアをちゃんと着込んで滑っている人が多かったです。安全のためには大切な事ですが、暑さに弱い僕にはムリ...
今回はチョットだけしか時間が無いので、軽装で滑ってみました。

P5050073.jpg
筍平のゲレンデは、こんな様子です。
山頂ゲレンデは、すでにクローズです。

P5050075.jpg
コース幅は、この状態では素晴らしいとしか言いようがありません。
リフト沿いの斜面は、スキースクールが占有して、ポールレッスンをやっていました。いいなぁ...(^_^;)

準備体操を入念に行い、全開で飛ばします。
雪質は大根おろし状態ですが、水たまりを避ければ、舵のきき具合も悪くないので、なかなか気持ちが良い!!
太陽がジリジリと肌を焼きます...

P5050081_2.jpg
大斜面も、一部を除けば、そこそこ雪が残っていました。
激しく重い雪の長い斜面...
沢山の人を避けながら飛ばすのには、結構体力使います。
リフトが心地よい休みになりました....
真冬はあんまり利用しない大斜面のペアリフトが大活躍です。

さすがGWだけあるのか、大斜面は大にぎわいでした。
P5050082.jpg

待ちあわせの時間が来たので下山...
もちろんダウンヒルコースを滑りました。
幅が狭いので、ちょっとしたミスでも草原に墜落します。意外とスリリング(^_^;)

しかし、いったいどうやってこんな風に雪を残すのでしょうか...ある意味驚異の技。
さてさて、今シーズンもこれで終わりかな...
かぐら は、27日までやっているけど、激混みだろうしね...

来シーズンは、雪が沢山降りますように!


posted by NOBU at 01:24| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | SKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

宴の後

今の時期のゲレンデは、なんとももの悲しい
まるで宴の後のようで...
来シーズンは、雪がたくさん降ってくれるといいな。
P4010148.jpg
posted by NOBU at 02:49| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | SKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

無念...ヘリスキーも中止

今シーズン最後の目玉イベントとして考えていた、かぐら・みつまた
観光協会主催のヘリスキーが中止になってしまいました....
もう、トホホホですな。
やっぱり今年の冬は、雪が少なかったのですねぇ....
P4010180.jpg
確かに、苗場の急斜面の下に、雪崩どめが一切無かったのは、いかに積雪量が少ないかというのを、如実に表していたのだなぁと、今にして思いました。

P4100013.jpg
あぁ...ヘリスキーも中止とは.... トホホ
posted by NOBU at 01:43| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | SKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

苗場にも春が...(T_T)

とうとう4月になってしまいました...
このところの暖かい気候で、きっと山の雪も溶けてしまったのだろうな...などと不安を抱きつつ、深夜の関越道を北へ向かいました。
P3240091.jpg
先週の3/25の苗場の様子。
まだ冬景色でした...

P4010147.jpg
これが4/1の様子です。
すっかり雪が溶けてしまい、急斜面は全滅です。
まるでGWのころみたい...
P4010174.jpg
気温が高いので、まるで狭山の人工スキー場のようなモシャモシャの重い雪...
でも偉大なるカービングスキーのお陰で、案外快適にクルージングができます。
P4010181.jpg
筍山の山頂は、まだまだ沢山雪がありました。
こんぶんなら、かぐらあたりなら、しばらく大丈夫でしょう。
P4010189.jpg
たぶん、苗場でのスキーは、今シーズンはこれでおしまいかな...
足がヨレヨレになるまで、僕らは滑り続けました...
posted by NOBU at 02:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | SKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

遅いよ...冬将軍

今シーズンは、雪不足によるレースのキャンセルも発生して、雪の無さに地球温暖化を重ね合わせたくなるようなシーズンでした....
ところがどうでしょう....シーズン途中での営業断念のスキー場が多く発生した11日を境にドカ雪ですょ(^_^;)
思わず、この目で確認するべく、苗場へ行ってしまいました。
P3120060.jpg
一晩で、30cm以上積もりました。
今シーズンは、こんなに降っているを見たことがありません...
しかも昼間でも氷点下をキープ!
おかげで、真冬並みのさらさら粉雪です。

P3120052.jpg
男子スラロームバーンもこの通り!
完璧に雪がつきました。
はっきりいって新雪バーンとしては、とても良い状態です。
雪が薄そうな部分でも、底打ちもありませんでした。 最高(^^)/
(今年から導入された? アバランチコントロール係りが、一生懸命働いているので、コースは閉鎖中)

P3120054.jpg
技術戦の練習が行われていました。
苗場のメインバーンを贅沢に使って、選手の皆さんは、完璧に圧雪されたバーンを気持ちよさそうに滑っていました。

posted by NOBU at 01:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

タイムレース

日曜日は、乗鞍高原でのタイムレース
お天気にも恵まれ、最高に気分の良いコンディション!
毎度ながら、前夜祭で大はしゃぎで深酒... 頭イタっ
チーム内レースながら、普通のスキー大会と同様に、タイムスケジュール通りに、粛々と立派に進行をしていました。

P3040027.jpg
コースインスペクション(コースの下見のための横滑り滑走)も終わり、板の整備を始めました。
ワックスを剥がす者。簡易ワックスを塗り込む者。秘密の高い粉末で磨き上げる者... みんな思い思いの方法で、コンマ1秒の戦いが始まっています。

P3040030.jpg
レース前のひととき... 仲間内のレースなので、リラックスしたムードが漂います... これとても大切。(^o^)

P3040038.jpg
いよいよ前走がスタート。 今回の前走は、ポールセッターのコーチ。
みんなお手本のラインを一目見ようと、スタート地点に集まります。
「やっぱ早いネー...」
 「自分でセットしてんだから、ライン知ってるんだから早いんだよ」
  「やっぱそうか...」 なんて微笑ましい会話が聞こえてきたり..

P3040044.jpg
1年生の現役には、初レースなんて人たちも....
いまはヨチヨチですが、再来年にもなれば、先輩達のようにカッ飛べるようになるんだから...面白いね。

P3040050.jpg
やっぱりタイムレースは、実に楽しいね。
今回は30秒そこそこの短いコース。ワンミスが命取りのセンシティブなレースでもあります。
攻めて失敗すれば元も子もなし... 攻めずに守ればタイムは平凡に...
滑る前の戦略も大切なスポーツです。

P3040060.jpg
2本のレースが終わったら、ゴールエリア付近で、みんなで記念写真!
チームで一番年長の先輩が、バズーカ砲のようなカメラをセットしています。
まだかなぁ...腹減ったぜ。 
とりあえず、こちらはこちらでイエーイ

P3040064.jpg
来年も参加するぞー!!

posted by NOBU at 03:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

初! 乗鞍高原スキー場

今シーズン初レースは、学生時代のスキーサークルの現役・OBレースが最初となりました。
今回は、ここ数年続いていた 北志賀よませスキー場から、乗鞍高原スキー場へ場所を移しての開催となりました....
今年の幹事は、超能力でもあるのかなぁ.... 雪不足を予想して、ここへ移したとしたら凄すぎるな(^o^)
上高地にもほど近い、この山奥のゲレンデは、雪不足とは無縁の世界が広がっていました。
P3040016.jpg

コンビニとか無い、バーンの繋ぎは悪い、コースは短い、駐車場も少ない.... 極めてオールドファッションなスキー場だけど、さすがにブッシュひとつ出ていません。
イカンイカン...この雪不足のご時世、わがままを言っていたら怒られてしまいそうです(^_^;)

P3040025_2.jpg
なかなか景色は、素晴らしいです。
翌日(日曜日)のレースに備えて、ひたすら足慣らしの午後でした...


posted by NOBU at 03:15| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | SKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

2/25の苗場にて

まだプチギックリ腰が治らず、ローテンションな日々....
スキーな出来事でも思い出して気分高揚(^_^;)
2月最後の日曜日は、苗場で迎えることができました。
ちょっと冬が戻ったかのようなお天気... 明け方には-7度くらいまで冷えてました。
P2250062.jpg
車には、美しく結晶した雪が、ふんわりと積もっていました。
吹けば飛ぶよな、素晴らしい粉雪... 新雪への期待がふくらみます。

P2250066.jpg
ゲレンデに降り立つと、雪質は最高! 天気も最高! 気分上々!

P2250075.jpg
残念ながら、フカフカの新雪っていうほど積もっていなかったけど、エッジの食い込みの素晴らしい、真冬のゲレンデコンディション...
たぶん、これが今シーズンの最後のベストコンデイションなのだろうな..
素敵な日曜日は、あっというまに過ぎ去りました。

posted by NOBU at 03:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

ショック!! 雪不足によりレースキャンセル

今年の雪不足は、本当に深刻です....
3/10-11で、北志賀よませスキー場( http://outdoor.yahoo.co.jp/snow/view/gi0044/ )で予定されていた、カンダハーカップ( http://www.kandahar.co.jp/ )が、な..なんと中止になってしまいました。

この北志賀スキー場は、学生時代から よく行っているスキー場のひとつですが、この時期に積雪がほぼ無くなるなんて前代未聞です....
雪も降らず、気温も高いだと、ここのような標高の低いゲレンデは、アウトなんですねぇ...
常宿のオヤジさん 大丈夫かな..ビジネス的に
P1050104.jpg
posted by NOBU at 04:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

連休の苗場(月曜日)

雪は朝方までに止んでしまいました...
P2120044.jpg
でも、夜のうちに降った雪で、車はモッコモコ...

P2120045.jpg
素晴らしいお天気に、今日は新雪が期待できそう(^o^)
..と思いきや
暖かいなぁ...なんとなく。

P2120050.jpg
ゲレンデに出てみると、既に雪はもっちゃりとした春の雪。
でも圧雪されたところは、しっかりと固まっていて、エッジのかかりが素敵です。
ちょっと急斜面の新雪に入ってみたけど、底が固くてスリリング...

帰りは、久々の関越道が超渋滞...
祭りが収まるまで待つことにしました。
苗場でゆっくりとお風呂とご飯と済ませて、21:30頃に山を下りました。

posted by NOBU at 01:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

初早朝スキー

日曜日は、日本海側は大荒れのお天気の様子...
「週末どうする?... 」
「吹雪ならヤダヨー...寒いし」
「だよねー...(T_T)」
というわけで、今週は苗場行きは中止になりました。
でも、やっぱり行きたいなぁ... ということで、独りで富士見パノラマの早朝スキーへ
今回は、ひたすら飛ばすことを目的に、ちゃんとヘルメットを持っていきました。
もちろん板は、秘蔵のSALOMON S-LAB選手用.. (本物だと信じてるんだけど)

夜明け前の中央高速を、西へ向かうこと2時間あまり...
太陽が昇り、すっかり夜も明けた頃、ゲレンデに到着
7:00-8:30までの早朝スキーだけど、今年は大人気!
すでにゴンドラ前の駐車場は満杯...驚きです(^_^;)
天気はGood! でも風が... 結構来てます。
P2040169.jpg
減速運転のゴンドラに揺られて、長らくかかって頂上へつきました。
気温は-4度くらい...ヤバいくらい暖かいです。
雪は前夜のスノーマシンのお陰で、柔らかめに仕上がっています。
P2040170.jpg
清里高原へ向かって落ちていくように、斜面は続きます。
バックルと締めて、ゴーグルをつけて、斜面へ飛び込んでいきました...
重力に身を任せ落ちていく感覚...
非日常的な速度...
まさに快感

P2040172.jpg
素晴らしいひとときも、あっというまに終了...
でも太ももは、かなりきてます...プルプルです。
ゲレンデは、通常営業の時間になり、人がたくさん繰り出して来ました。
P2040171.jpg

人の流れに逆送して、こちらは帰途につきます。
お目当ては、勝沼の ぶどうの丘温泉...
朝風呂に使って帰ります(^o^)

posted by NOBU at 03:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | SKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

日曜日の苗場

日曜日の午後は、苗場へ行ってきました。
ブランチでしっかりお腹を満たした後は、いざゲレンデへ!!
今年は、雪の日が少ないです... 
お陰で晴れた空の下でのスキーを楽しめるのでけどね....
P1280121.jpg
レストランアリエスカも、もう20年以上前から、ここに建っています。
右側のサンダーバード2号のコンテナみたいな屋根は、苗場ロープウェイの名残です。
その昔は、ゴンドラなど無く、大斜面の上へ一気に上がるためには、このロープウェイしか無かったのでした... 
今は、倉庫にでも使っているのでしょうかね。
P1280123.jpg
雪は相変わらず少ないものの、雪質は冬らしく、ハードパックで良い感じです。
なんだか人も少ないので、気持ちよく滑るには最高のコンディション...
4時間みっちり滑りました。


posted by NOBU at 03:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

週末の苗場

週末に晴れ間がやってきたので、苗場へ行ってきました。
正月とうって変わって、ガラガラの苗場スキー場... 
最近の週末は、こんなものなのでしょうか... ちょっと寂しいです。
P1210049.jpg
三角屋根の木造ロッジを取り壊し、今シーズン新しくできた日帰り施設 エヌ・プラトー
明るく清潔感のあるなかなか素敵な建物です。
ここからゲレンデまでは、ずーっと屋根の下を歩いていけます。昨年のような豪雪の時は、とても良さそう。
新しくできたフードコートも、なかなかリーズナブルで、しかも美味しい!(^o^)!
夜は空いていました。
P1210082.jpg
メインバーンのコースコンディションは、なかなか良い状態です。
ただ、まだまだ雪が足りないので、整備された場所を外れると、ところどころで土が出ています。
P1210086.jpg
特に急斜面は、まだまだ雪が足りません...
今週あたり、どかっと降ってくれないかな。


posted by NOBU at 02:56| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | SKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

初全力滑走...

正月の苗場は、正直消化不良でした...
雪が少ないので、ゲレンデの至る所に、ブッシュや石が飛び出していたので、シーズン早々に、板を傷だらけにしないためにも、安全速度での滑走が中心となってしまったのでした。(T_T)

1月の3連休は、もの凄い天気になりそうだったので、4日を休暇にして、富士見パノラマへ行って参りました。
このスキー場、どだい天然雪などふらない土地柄なので、人工降雪機でゲレンデが作られています。
年末より3Kmのコースがオープンしているとの事でしたので、ゴンドラ始動(8:45)を目指して、中央高速を西へ...
約2時間ほどで到着(^o^) 時刻は8:20 気温は、氷点下2度くらい...
既に駐車場には、かなりの車が駐まっていました。
P1050103.jpg
ゲレンデは、ほぼ全コースオープンしていました。(上部ゲレンデのポールバーンは、まだみたいだったけど..)
まずは、一番下の緩斜面でウォーミングアップ。
よくパッキングされた、素晴らしい状況!
さっそくゴンドラで上がってみました。
P1050105.jpg
何と素晴らしいお天気! 八ヶ岳・清里高原の眺めが実に美しいです...
さっそく飛ばしました!
P1050107.jpg
上から下まで、人工雪らしい固いバーンで、なんとも素敵です。
途中、急斜面の入り口は、氷コロコロ地帯だったり、日陰部分がアイスだったり、コース幅が狭いなどと、お客さんが増えると危険な要素がたっぷりなので、朝の2本限定で全開バリバリモード!

急斜面へ飛び込んでいくと、スピードが止めどもなく出ます.... 
おまたのあたりがフワーットする落下感... これですこれ! この感覚...これを求めていました。
P1050108.jpg
3Km を一気に駆け下り、ゴンドラへ飛び乗りました...
2本目は、さらに全開バリバリモード。
またも一気に駆け下りて、ゴンドラへ飛び乗ると、筋肉ピクピクピク... アレレ (^_^;)
日頃の運動不足、隠しきれませんでした...

10:00を過ぎると、中盤から下のゲレンデは、グラニュー糖みたいな状態に...
やはりお客さんが多いのです。

11:00までには引き揚げました。










posted by NOBU at 02:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | SKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初滑り

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします(^^)/

1月2日に、ようやく初滑りへ行ってきました。
年末に雪が降ったものの、どこのスキー場も軒並み雪不足....
比較的、雪がありそうな苗場で、今シーズンの初滑りをすることにしました。
三国峠も雪もなくスイスイドライブで、あっと言う間に到着。

正月なのに、お客さんが少ないような印象....
さすがにリフトは、だいだい動かしていました。
P1020039.jpg
はやる気持ちを押さえつつ、十分にウォーミングアップをしてから、ゲレンデへと繰り出しました。
P1030091.jpg
やっぱり雪の上はいいなぁ.... 
ターンを繰り返すごとに、身体の無駄な力が抜けて、調子が戻ってくるような気がします...
今シーズンも、暇と金が続く限り、ゲレンデ通いを続けるつもりです。

P1020041.jpg
男子スラロームバーンなどの急斜面は、こんな感じで、まだまだ滑走できませんでした。
雪がもう二降りくらいしたら、滑れそうな感じです。




posted by NOBU at 02:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

ウェア新調

ここ数年、ウェアの劣化が激しくなってきたので、新調したいと思っていました....
とうとう買ってしまいました! ウェアを...
本当は、まったく行く予定が無かったのですが、たまたま神田のスキー街へ立ち寄る機会がありました。
以前なら、12月の週末などは、スキー用品を買う人々で、ごったがえしていたのに、なんとも閑散として....
昨今のスキー業界の衰退ぶりを表しているかのような寂しさです。
今の時期に好みのニューモデルのウェアを手に入れるなら、ミナミスポーツしかないので、迷うことなく訪ねてみました。
予想的中!(^o^)!
気になっていた、フェニックスのノルウェイモデルが並んでいました。
ジャケットは、サイズがあったのですが、パンツは売り切れ。
仕方がないので、パンツは、同じ素材のDEMOモデルで合わせてみました。
むむむむむ....イィじゃん..なかなか。(^_^;)
試着したら、もう最後でした....
気がついたら、大きな袋を抱えて、店を後にしました。
すっかり軽くなったお財布は、見ないようにして....
SafariScreenSnapz002.jpg
SafariScreenSnapz003.jpg
早く天然雪のゲレンデで、このウェアを着て、かっ飛ばしたいものです。

posted by NOBU at 00:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

Water SKI

スキーは、いろいろなシチュエーションに遭遇するのが楽しかったりするものです。
ぴっちりと圧雪されたゲレンデも素晴らしいですが、春先のザラメ雪の板に抵抗のある重い感じや、暖かい日の湿雪のスリルのある不均一な感じや、真冬のパフパフなパウダースノーや、ちょっとビビるクラストバーンや、あげればきりが無いほど楽しい状態に出くわします。
冬のシーズンが終われば、グラススキーやプラスノーといった、スキーとはテクニックが多少異なりますが、スノースキーの延長線上なスポーツも楽しむことが出来ます。
そんな僕が、前々からやってみたかったのが、水上スキーでした...

Water Ski Girls & Flags.jpg
イメージはまさにコレです。
モーターボートで引っ張られながら、スキーで浮上しながら滑走するやつです。
スノースキーのテクで余裕でしょうと内心思いつつ、やってみました。

B0009VLLEO.01-A1V1Z4BJNVFJUK._SCLZZZZZZZ_.jpg
インストラクターのお兄さんから、渡されたのがこの板です。
スキーの板とは逆に反り返っていて、雰囲気的には曲がってしまったレンタルスキーといった風情です。
ビンディングのところは、ゴムの袋になっていて、裸足で足を突っ込んで踵をバンドで締め上げて固定します。
ビーチの片隅で浮上の方法についての説明をうけて、おもむろにモーターボートで沖合へ....(^_^;)
両足を抱え込みながら、牽引バーを握り、板の先を水面に立たせて、水面に対して45度の角度を保てたら、モーターボートが全開で引っ張り出します。

ボートがぶぅいぃぃぃぃぃぃんと爆音を上げると、牽引バーにテンションがかかります。
必死にバーを握りながら、板の角度を45度以下にならないように保ちつつ、板が浮上するのを待ちます。
約5秒ほど耐えていると(永遠のように感じられたけど)、板が水面の抵抗を受けて、僕の体重を支えられるくらいしっかりしてきます、ここですかさず立ちます! (インストラクターが立て立てー! と合図してくれます。)
よっこらせと立ち上がると、スキーとは違った滑走感であることがよく分かりました。
思わずスノースキーのように扱おうと、体がオートマチックに反応してしまいます...
スキーのように膝を曲げた姿勢を取ると、微妙に不均一な浮力を膝で吸収するため、妙にエネルギーを消耗します。
まるでめちゃくちゃ重い湿雪で、ど後傾で急斜面で直滑降をしているような感じといったような...
足の間隔は、狭めると不安定になってヨロヨロしてきます、そこで板の間隔を大きく開くと安定してきました... 間隔は広めが良いようです。
板の先の角度が、ちょっとでも下がると、あっという間に顔面が水面に叩きつけられ前転します。(-_-)
ザッパァーン....ブクブクブクブク
   
塩水を鼻や口から大量に飲んで、意気消沈しているところへ、ボートとともにインストラクターの兄ちゃんが近寄ってきました。
インストラクターは、「両膝は突っ張った感じで、板を水面に対して45度の角度を保てば良いんですよー」 と事も無げに言われるのですが結構ムズイ...

気を取り直して再スタート!
立ち上がるまでが.....つっ 辛い。
えっこらせ と立ち上がってみると、確かに膝をツッパると楽かも....
次にターンを試してみました。
カービングとまったく同じ要領....ですが、この時点で腕がぁぁぁぁ つっ 辛い。
よろよろと緩いターンを試したところで、あとはただ耐えるだけ...
いっそ手を離して水中に没してしまおうと思うくらい、腕が限界だったのですが、再スタートして浮上するときがこれまた辛い...(-_-)
そうこうしているうちに終了。
インストラクターがニヤニヤと「お疲れ様ー」と声をかけてくれるのですが、それがかなり悔しかったりして...

P6240152.jpg
腕と背筋がめちゃくちゃ疲れて、あとはドヨーンと過ごしました。
いつか水上スキーを制覇してやるんだ! と海を眺めながら密かに闘志を燃やす僕でした。
posted by NOBU at 02:21| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | SKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。