2005年11月11日

冬の空気

今年は、例年になく暖かいけれど、さすがにそろそろ冬の気配がやってきました...
今朝の澄み切った空の下、朝の空気を胸一杯吸い込むと、鼻腔に感じる空気の香りには、かすかに冬の空気の香りを感じました...
札幌では、今朝は雪模様とのこと。
きっと遠くの空から、ここまで冬の風が迷い込んだのでしょう。
百貨店の店先では、すでにクリスマス一色に彩られて、一年で一番素敵な季節が始まっています...
PA230063.jpg
posted by NOBU at 02:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

さよならミス・サイゴン

女優 本田美奈子の死は、少なからず衝撃的なニュースでした。
どんなに治療に専念しても、どんなに前向きに頑張っても、どんなに神様に祈っても、叶わないときは叶わないものなのですね...
精神力で病魔に打ち勝つことができるのでは? と淡い期待を持っていたのですが、そんなことでは無いのだという現実を目の当たりにして、なんともいえないショックを感じています...

生きたいと思っても、どうしても生きられない人がいるのに、命を平気で奪ったり投げ出す人もいる...とても不条理な感じがします。
でも、これが自然界に生きるということなのでしょうか...

さよならミス・サイゴン...
PA310064.jpg
posted by NOBU at 02:57| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

10月の終わりに...

会社の仲間に誘われて、10月も終わりというのに、ゴルフなんぞへ行ってきました。
一般的なゴルフのシーズンとしては、秋から冬までの今の時期が、一番にぎわうシーズンです... しかし、僕にとっては、そろそろゴルフのシーズンは終了で、スキーのシーズンか始まろうとしている時期なのです...

千葉県勝浦にあるゴルフ場へ行って参りました。
太平洋に面した、海岸沿いに位置していて、白いコテージの立ち並ぶ別荘地に囲まれた、ちょっとしたリゾートの雰囲気をもったところでした。
芝生は、全体的には、ほぼ青かったですが、徐々に黄色くなりつつあるようでした。
早朝に雨が降ったようで、湿度は高いのですが、空は雲で覆われ、時折晴れ間がのぞくようなお天気...
半袖でいると風が吹くと寒く...
長袖でいると、風が無く日差しがあると暑く...
温度調整に苦労した一日。

プレーの方は、大変混んでいたために、前組が終わるのを待って待ってで、9ホール良い無のに実に3時間半...
おかげで、一日中空の下にいて、雲の流るる空を眺めることができました。

冬の訪れも近い今日の秋の空を眺めていると、なぜか遠い日に見た空を思い出し、なんだか切なくなってしまいました... 
たくさんの楽しいことも悲しいことも、この空の向こうの遠い時の彼方へ行ってしまったんだな...
いつのまにか、詳細な記憶はだんだん薄れ、気持ちの痕跡だけが、同じ季節の空の景色を通じて、心に浮かんでくるなんて...
なんだか悲しい。
P9250069.jpg
posted by NOBU at 02:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

東京モーターショー

幕張メッセで開催されている、東京モーターショー ( http://www.tokyo-motorshow.com/ )へ行ってきました。
朝一から行ってしまったために、かなり並ぶ羽目になってしまいました...(^_^;)
PA230005.jpg
開場から、ものすごい人の数です...
PA230022.jpg
展示されている車は、市販モデルも多くありました。
市販モデルといっても、ピカピカみ磨き上げられて、綺麗なコンパニオンのお姉さんが脇に立って、笑顔を振りまけば、立派な展示物になってます。
PA230034.jpg
コンセプトカーも、いろいろとありました。
近未来では、ガソリンを燃やすだけの内燃機関は廃れていき、燃料電池、水素燃料や電気自動車がメインになるのかも知れません。
PA230037.jpg
コンセプトカーも、実際に走行性能を持っていたり、居住性についても現実的なスペースを持っていたりと、現実になる日も近そうです。
PA230049.jpg
面白いところでは、慶応大学がコンセプトカー(電気自動車)を出展していました。
PA230060.jpg
中には、昔ながらの未来の車なんてのもありましたが、なんかちょっとレトロな感じがしました。
広い会場をくまなく見て回るのは、かなり大変そう...
半日歩き回って、もう完全にグロッキー... これでもまだ1/3も見ていないかも。
でも、やっぱりモーターショーは楽しいイベントですね。
posted by NOBU at 02:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

早朝出勤

朝6:30からのミーティングという、あり得ない状況に困惑しながらも、致し方なく早朝出勤...
乗り換え案内で、間に合わせるための出発時刻を割り出すと、自宅近くの駅を5:20に発車する列車に乗らねばなりませんでした。
4:30起床...まだあたりは夜の静寂の中にありました。
5:05駅へ向かって出発。
ひんやりとした早朝の空気に、おもわずブルっと身震い... ずいぶんと涼しくなったものです。
駅のホームには、電車を待つ人の姿がパラパラとありました。
まだ空は真っ暗...ホームの蛍光灯が、やけにまぶしく感じます。
定刻通りに、闇の中からモーターの音ともに、電車がやってきました。
車内には、朝のさわやかさと言うより、前夜のけだるさを未だ残しているようで、人々はじっと目をつぶったままうたた寝をしています...
途中駅で、ゴルフバックを担いだオヤジが、アフターシェーブローションの異様な臭気を発しながら乗ってきました... すかさず車両を移りました。
渋谷駅へ着くと、ようやく空が明るくなってきました。
おしゃれに着飾って、オールナイトを楽しんだ人々の群れが、夜明けに終われるように家路を急いでいます...
その流れに逆らうように、僕は進みました。
山手線へ乗り換え、駅に着く頃には、夜もすっかり明け、静かな朝の風景が広がっています。
人影まばらな、早朝の町は、なんとなく広々として、なんとなく気持ちが良いかんじ。
思わず胸一杯に、朝の空気を深呼吸。
こんな都会でも、朝は清々しいんだなぁと思いました。
たまには、早朝出勤もいいかもね(^_-)
PA090032_1.jpg
posted by NOBU at 02:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

残されるもの

雨上がりの人影まばらな空港の展望デッキで、これから滑走路へ向かう飛行機を眺める...
ここは地方の空港... ほかに出発する機もなく、あたりは静寂に包まれていました。
ボーディングブリッジが音もなく離れていきました.. 
いよいよ出発のときです。
不意にトーイングトラクターのディーゼルエンジンが、排気管から軽い黒煙とともに、ひときわ大きく唸りを上げ、飛行機を重々しくプッシュバックしていきます....
しばらくすると、今度は飛行機のエンジンが、強力なブロワーのようなスターターの唸りを発したかと思うと、相次いでエンジンに火が入り、JETの響きが辺りを埋め尽くします。
誘導路上まで出ると、トラクターの連結が解かれて、いよいよ出発となります...
少し待避したトラクターの脇では、出発係員たちが飛行機に向かって手を振っています。
ほんのわずかに、エンジンを吹かすと、飛行機は軽やかに走り出し、ランウェイへと向かいます...
僕の知り合いが乗っているわけでもないのに、出発していく飛行機を見ていると、なんとも寂しい気持ちになります....
これはまるで残されるものの気持ちのよう...
最後まで見届けるというのは、それが何であれ、なんとも切ないことですね。
PA080004.jpg
posted by NOBU at 02:30| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

ハードディスク逝く...

突然に、PCが立ち上がらなくなりました。(T_T)
大量の思い出をため込んだまま、僕のPCは昏睡状態に陥ってしまったのです....
そういえば、このところ、ときどき金属的な音がしたり、突然にフリーズしたりと、不可解な現象が起こっていました。
あれは、こういうことが起きる伏線だったのだと、今更ながら悟りました。
ここ数日間の、必死の復旧作業の結果、幸運にも、故障したHDDを交換し、ほぼ全ての記録を回復することが出来ました。
まったく肝が冷えました...
だって、この数年間の全ての映像記録が、瞬時に失われるところだったのですから。(^_^;)
人の病気に例えるならば、これは脳梗塞でしょうかね...
とりあえずの危機が去ったとはいえ、後遺症が出てしまっています (T_T)
実は、交換したメインドライブには、結果的に最新のOSが入ってしまっており、保有するアプリケーションがOSのバージョンについてこれないという、困った現象も出ています。
しばらくリハビリを続けないと.. 
P9180069.jpg
posted by NOBU at 02:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

ゲレンデのカフェテラスにて

せっかくの三連休...でも台風が関東地方へ近づいている...
へたすりゃ都内に缶詰なんてちょっと憂鬱な気分...
となれば、ちょっと日本海側へ行ってみようかと、大混雑の都内の道路を抜けて関越道を北へ走りました。
そうして着いたところは、新潟県の苗場スキー場。
GW以来、久々に参りました。

いまはちょうど端境期。サマーシーズンのささやかな賑わいも去り、人影もない苗場の街は
、冬が来るまでの静寂のなかにありました。
朝の気温は15度くらい... 思ったほど寒くはありません。
苗場プリンスホテルのアゼリアレストランで、朝食をいただきました。
P9250012.jpg
天候があまり思わしくなく、宿泊客も早々に引き揚げたのか、朝食をとっている人影もまばら... 冬のシーズンならば、お客さんで溢れかえるこの空間も、今日はまるで貸切状態(^_^;)
緑のゲレンデを眺めながら、ゆったりと朝食をいただきました。
今の時期だけの、密かな贅沢...
P9250013.jpg
♪ゲレンデのカフェテラスで..滑るあなたに釘付け...   なんてお約束のフレーズも、さすがに緑のシーズンには似合いません(>_<)

こうしてみると、苗場の正面ゲレンデは、夏の間はグラススキーとかMTBのゲレンデに出来るんじゃないかなって思ったり...
まあニーズが少ないから難しいんだろうけどね。 

P9250019_1.jpg
開場以来のシンボルツリー(しなの木)は、夏の間に勢いよく葉をのばしています。
このスキー場で、この季節に一番元気が良いのは、この木かも知れません。

P9250022.jpg
冬の間、毎日僕らを安全に運んでくれるリフト達も、今は静かに佇んでいます。
シーズンインの前に、また来ようかな... 
雪が無くても、滑れなくても、ゲレンデに立っているだけで、なんか楽しいもので...
温泉に入って、帰京しました。
posted by NOBU at 01:06| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

葡萄の季節

せっかくの連休だし、どこか面白そうな所はないかとボーっと考えていたら、ちょっとひらめきました。
このまえの冬に、中央高速沿いのスキー場で早朝スキー( http://goodman.seesaa.net/article/1776382.html )をした帰りに発見したあの丘へ行ってみようと....
そこは、山梨県の勝沼にある「ぶどうの丘」。甲府盆地を囲む、低い山の裾野に広がる見渡す限りの丘が葡萄畑になっていて、丘のひときわ高いところに、「ぶどうの丘天空の湯」( http://www.asahi-net.or.jp/~ue3t-cb/spa/tenkunoyu/tenkunoyu.htm )という温泉施設があるのです。
スキーの帰りには、この場所で、冷え切った身体を温めて帰ったものでした。

半年ぶりに訪れたこの場所は、茶色一色だった冬とは、うって変わって緑の絨毯をひいたような丘が広がっていました。そしてその緑の中には、無数の葡萄が、たわわに実っていました...

ぶどう狩りもやってみました。おそらく美味しくないぶどうばかりの食べ放題は避けて、取った葡萄を量り売りするタイプの農園を訪ねました。
結果的には、これがナイスチョイス(^_^)v

数ある種類の中で、いろいろと試した結果、「ピオーネ」と「ピッテロビアンコ」という種類が甘さ・みずみずしさ・酸味のバランスが絶妙で美味しかったです。

P9180056.jpg
【ピオーネ】

農園の兄ちゃんに選定のコツをききながら、選びに選んで、選りすぐりの葡萄達を5Kgくらいどっさり収穫してしまいました。(^_^;)
畑で流した汗を温泉で流して、すっきりさっぱり!
またいこっかな...
P9040031.jpg
posted by NOBU at 02:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

暑い午後に思う...

今日の都内は、実に暑かった...
お昼頃の気温は、30度を遙かに超えたようで、スーツを着て歩いたりしたら、ものの5分で汗だくだくに...(>_<)
お昼頃は、とても陽射しが明るくて、緑がキラキラ眩しくて、なんだか季節を忘れてしまいました。

昼下がりの公園のベンチにしどけなく腰を掛けながら、なんとなく流るる雲を眺めていました。
先日、「零のかなたへ 〜THE WINDS OF GOD〜」( http://asahi.co.jp/winds/ )というドラマのシーンを思い出してしまいました。
現代の若者(売れない芸人コンビ)が、交通事故を引き金にタイムスリップしてしまい、終戦間際の特攻隊員になってしまうお話。
60年前の夏には、夥しい数の若者が、愛する人たちを守れると信じて、特攻出撃していったなんてね...実に悲しい話です。
でも彼らは、自分の生命に意味を持つことができたのだから、ある意味良い人生だったのかもしれません..
それに引き替え、自分はと言うと、未だに自分生きる意味さえ見いだせず、ただ青春をすり減らしているような日々...情けない限りです。
そろそろ人生勝負に出ないと..
この肉体が灰になる日は、かならず来るのだから...
P9040043.jpg
posted by NOBU at 01:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

近所の火事

実家の近所で火事がありました。
住人は不在で、けが人も無かったとのことでなによりでした。

出火元の部屋は、僕の部屋からよく見える部屋でした。
僕が高校の頃、深夜に勉強しているときに、外をふと見やると、この部屋にも灯りがついていて、ときどき人影が見えていました。
そんなときは、なんとなく親近感を感じたりして.... 
先に灯りが消えていたときには、ちょっと寂しいような気分になったりして...
一度、窓から外を眺めていた住人の人を見かけたことがありました。
遠くを見ているちょっと寂しげな表情は、今でも憶えています。
故郷を思い出していたのか... はたまた恋人の事でも思っていたのか...  
今となっては、確かめる術はありません。
P1000006.jpg
P1000008.jpg
posted by NOBU at 02:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

すべては変わっていくのかな....

だいぶ弱まってきた陽射しが、いかにも夏の終わりを感じさせて、昼下がりの暑い空気さえも、なんとなく愛おしいような... 
季節が変わっていく事を望みながらも、変わっていくことに未練を感じている、矛盾したこの気持ち...

どういうわけか、自分の周りも変わりつつあるようで...
何人もの知り合いが、今までの環境から新天地へと旅立っていきました。
最後にお別れの言葉をかけて、彼らの背中を見送るたびに、僕の心はなんとなく焦燥感にかられます。

久しぶりに懐かしい街を歩いてみたら、自分がどこにいるのかわからなくなりました...
見慣れない建物が建ち並び、僕の記憶に残っている街の姿とは、大きく変化したからなのです。懐かしい家並みも、笑顔で声をかけてくれた商店のおやじさんも、親しい友人達も、僅かな時を隔てただけなのに、今では記憶の中に残るだけ。
いったいあの街は、何処へ行ったのでしょうか...

やはり全ては変わっていくのですね...
時の流れに身を任せ、しぶとく生きるしかないようです...
P8080127.jpg
posted by NOBU at 13:58| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

8月の終わりに...

8月31日になると、いまだに夏休みも終わりという気持ちになってしまいます。
この日で終わりというのは、高校の頃までの話です...
めいいっぱい遊んでしまう僕は、夏休みの宿題が31日に終わっているはずもなく... 徹夜で終わらせたこと数知れず...(^_^;)
今になって思い返せば、なかなか良い思い出だったりして。

あれは小学3年生の頃...
夏休みの自由研究で、テーマを昆虫採集を選んでいた僕。
7月の終わりに、だいたい集めていた昆虫の標本を、8月31日に半日かけて急造した箱の中に並べようと、獲物を入れていた温泉饅頭の箱を、ベランダから回収して開けてみたところ!!!
な...なんと、蝉の羽4枚を残して跡形もなく消えていたではありませんか(>_<)
どうやら、アリンコが犯人のようす...
怒りのぶつけどころもなく、しばらくベソかいてました。
31日の日没時点で蝉の羽4枚のみ...
見かねた叔父が手伝ってくれて、夜の昆虫捕獲大作戦!
蝉やらコオロギをドッサリ捕まえて、かなり地味な昆虫標本の出来上がり。
先生が、ちょっと気味悪がっていたのが印象的です。

さよなら夏の日...
P8200005.jpg
posted by NOBU at 03:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

60年前の夏を想う...

ドラマ「広島 昭和20年8月6日」( http://www.tbs.co.jp/nadasoso/hiroshima/index-j.htm )を観ました。
とても胸を打つドラマでした...
物資が不足して苦しいながらも、平和が訪れる日を信じながら、懸命に生きていた広島の人々の頭上に原子爆弾が炸裂した... その出来事を、美しい3姉妹と末の弟の姿を中心に描いたドラマでした。  

「広島市HPより(2002年12月21日現在)
昭和20年(1945年)8月6日午前8時15分。
人類史上最初の原子爆弾が、広島に投下されました。
原子爆弾は、投下から43秒後、地上580メートルの上空で目もくらむ閃光を放って炸裂し、小型の太陽ともいえる灼熱の火球を作りました。火球の中心温度は摂氏100万度を超え、1秒後には最大直径280メートルの大きさとなり、爆心地周辺の地表面の温度は3,000〜4,000度にも達しました。」

自宅(爆心地に近い)前の大きな岩の傍で、戦地から休暇で帰ってくる恋人を待っていた、矢島志のぶ(松たか子)は、その場で被爆....
黒い雨が降り注ぐ中、なんとかたどり着いた恋人が目にしたものは、自分が託した懐中時計の溶解した塊が...そしてその傍には、志のぶの姿が、黒い影のように焼き付いた大きな岩が...
あまりにも惨すぎます。
思わず、涙がポロポロと溢れてしまいました。

このような歴史に目を背けずに生きていくこと。そして、このような人々が居たことを、未来永劫末代まで語り継ぐこと。それが残された人々の使命なのかも知れませんね...
P8050033.jpg
posted by NOBU at 03:11| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

去りゆく夏の陽射し

気が付くと、あれほど強かった夏の陽射しも、ずいぶんと弱まっていました。
プールサイドで太陽に肌をさらしていても、15時を過ぎる頃になると、だいぶ涼しい感じ...
いつまでも続くと思った暑さも、そろそろ終わりが見えてきました。
やっぱり季節は巡るのですね...
季節だけでなく、自分のまわりの環境も、どんどんと変わっていきます。
それは、日々の繰り返しの中で、少しずつ何かが変わっていくからなのでしょうか...
確かに、ヒトの身体でも、日々細胞が入り替わりつづけているので、3ヶ月前と現在とでは、変わっていると言えるのかも知れません。
そうやって考えると、変わらないことって、実はとても贅沢な事なのではないかな...と今更ながら思ってしまいました。
8月の終わりは、ちょっぴり切ない気分になりますね..
P8080117.jpg
posted by NOBU at 02:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

ヒトは立ったまま寝られるのか...

お盆の時期も終わり、今日は街に活気が戻ってきました。
帰宅時間の田園都市線の中には、久々の勤務のためか、なんとなく疲れた人々で混雑していました。
なんとなく向かい側の出入り口を見やった時のことです。
入り口近くの、網棚の柱と壁に囲まれたコーナー部分に立っていた、年の頃は40才ぐらいのオジサンの妙な動きが気になりました。
目をつぶって、腕を噛んで真っ直ぐに立っていたオジサンが、ゆーっくりと両膝を曲げながら、どんどん沈んでいくのです....そして2秒くらいその状態が続いたかと思うと、急にカクン! と沈み込むと、ちょっと気が付いて、ヒョコッと直立するのです...
これを何度も何度も繰り返していました。
オジサンには申し訳ないのですが、とてもオカシイのです...この動きが。(^_^;)
しばらくすると今度は、膝は固定されたのですが、前屈の動きを始めました...
まるでお辞儀をするような感じで、徐々に角度を増していき、深々とお辞儀をする角度を大きく超え、90度以上曲がった状態で立っていました。

キリンとかフラミンゴとかは、立ったまま寝ると言われていますが、このオジサンも立ったまま寝ていました(^_^;)
ヒト立ったまま寝られるのかも知れません。

PB240064.jpg
posted by NOBU at 03:04| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

積乱雲

夏真っ盛り! 暑いです..(^_^;)
空を見上げれば、今日も遠くの空には、積乱雲が湧き上がってきていました。
山沿いを中心に、午後の遅くにもなれば... 空は、にわかにかき曇り、雷鳴が轟く天候へと急変します。
宮崎駿の作品「天空の城ラピュタ」の中で、ラピュタ(空中城)は、大きな積乱雲の中心にあるとありましたが、こんな積乱雲を見ていると、もしかしたら... なんて、考えてしまったりして...(^_^;)
大きな積乱雲を横目に、芝生の上で寝っ転がって本を読んでいたら、頬を撫でる風が心地良く、いつの間にか居眠りをしてしまいました....
気が付くと、空は積乱雲で覆われたようで、空が暗い雲で覆われていました。
大急ぎで小屋へ飛び込むと、雷鳴がゴロゴロと鳴りはじめました...
程なくあたりは激しい雷雨に... 
目の前の木に落ちやしないかと、内心ヒヤヒヤしながらも、開けはなった窓の窓枠に頬杖をついて、夏の夕暮れの電光ショーを楽しんだひとときでした。
P8080118.jpg
posted by NOBU at 01:56| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

緑の森の中へ..

関東地方は、このところ蒸し暑い日々が続いています...
我がアジトは、いつでもエアコンをフル回転... エアコンを停めてしまえば、5分も経たないうちに首筋を汗が流れそうな室温になってしまいます。(T_T)
そこで、この暑い部屋から、しばしの脱出を図ることにしました。
ちっちゃな鞄に、何枚かの着替えを詰め込んだら、中央高速を西へ向かって出発!!

100Kmも走ってみると、富士山麓へ到着... 
ここには、まだまだ自然が残っています。
P7310008.jpg

薄曇りの空模様でしたが、ときおり太陽が顔をのぞかせます。
P7310009.jpg

気温は24度.. この地域にしては高い気温ですが、都内とは10度くらい違います。
緑の森の中は、やっぱり気持ちが良い!
石垣の青い海も素晴らしかったですが、山の緑もなかなか素敵...
これでは、休みが幾つあってもたりませんね..(^_^;)
P7310010.jpg
posted by NOBU at 02:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

ただいま!

ひさびさに自宅へ帰って参りました。
石垣島へ行っておりました。
17日〜18日にかけては、石垣島のある八重山地方は台風直撃の模様で、台風にやられる前に帰ってこられました。(*^_^*) 

石垣島は、沖縄本島よりもさらに南に位置する離島で、厳しい夏の世界でした。
太陽はギラギラと照りつけ、気温も昼間は33度程度で、湿度もそれなりに高く、屋外を歩けば、汗が体中から噴き出してきました...
でも、そのような気候も、美しい海と青い空とスローテンポな島の雰囲気には、とても良く合っていました。
素敵な絵がたくさん撮れたので、追々ご紹介させていただきます。

13日に雨模様の東京を脱出しました。
P7130010.jpg

上空に上がると、関東地方は低くたれ込めた雲海に隠されていました。
富士山だけが、ぽっかりと頭を突き出して...
P7130013.jpg

直行便取れなかったので、那覇空港で石垣空港行きへ乗り継ぎです...
ここは既に夏の陽射しがギラギラしていました。
外へ出てみたかったけど、辛抱して飛行機の出発を待ちます。
P7130014.jpg

半日掛けて、石垣島へ到着!
ここは、島で一番賑わっている730交差点。島の経済の中心地です。
P7130019.jpg

午後からビーチへ出てみました。
ここはマエサトビーチ。白い砂浜が眩しいです。
さっそくビーチパラソルとデッキチェアを借りて、デロリンと横たわりました。
不自然に色白いボディを、お構いなしにさらけ出しながら...
あっというまに睡魔に襲われ、すぐに意識がなくなりました。
P7150272.jpg

posted by NOBU at 03:18| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

Run away!

梅雨空が続く関東地方...
蒸し暑い日々で、なんだか肉体的には疲労困憊...
仕事も、なかなか思い通りに行かず、精神的には神経衰弱...
この悪い連鎖を断ち切るしかありません!!

しばらく逃げます..
梅雨の東京を離れて、夏の世界へ...

PC280022a.jpg
posted by NOBU at 01:57| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。