2009年12月08日

米軍基地のピザ

週末に、米軍海軍横須賀基地のオープンデーがありました。
横須賀を母港とする原子力空母ジョージワシントンを見学できたり、普段は入れない基地の中で、米国のクリスマスの雰囲気を楽しんだりと、年に一度のなかなか素敵なイベントです。

巨大な艦です... 

飛行機を上げるためのエレベータで甲板に上がると、滑走路が広がっていました。
雨なのにたくさんの人が訪れていました。

飛行甲板の下は、大きな格納庫。
ここに戦闘機や哨戒機がぎゅうぎゅうに詰め込まれ、航海している様子が思い浮かびます。

ここのピザは、来場者の人たちが我先に買っていくほど人気があります。
一度食べてみたいと思っていたけど、なかなかの人気でよほど並ばないとありつけません....
でも今回は雨で来場者が少なかったからか、サクっと手に入りました。

とにかくでかい!
ドミノピザのラージよりはるかに大きく、そして分厚い!!
サラミ・ソーセージ・オニオン・チーズがたっぷり...
そしてそのお味は!!
ズッシリと重く大味... 一枚でごちそうさま!
ほとんど冷凍庫送りになってしまいました。





posted by NOBU at 03:25| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

親子丼の誘惑

お昼ご飯に何が食べたいかと聞かれたら、迷わず親子丼! というくらい、好きな食べ物かも。
でも、なかなか美味しいのに巡り会わないんだよね....
しゃれたお店でででくるのも、まあまあなんだけど、なんか感動が薄いんだよね...
昔ながらのおそば屋さんのが一番美味しいかも。
そう...蓋付きででてくるやつ。あれがいいな!
浅漬けがちょこっと付いてて、これが結構親子丼と良くあう。
また探しにいかなくちゃ...
posted by NOBU at 03:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

シブレット

8月の軽井沢は高原とはいえ、昼下がりにもなると、気温はそれなりに上がるので、いがいと暑かったりします。
そんな時は、旧軽銀座の雑踏をかき分けながら、一番奥あたりまで行くと、小さな喫茶店シブレットがあります。
ここでは、天然氷のかき氷が食べられます。
ふわふわ感がとても適度な氷の削り方で、口溶けが実に良いのです。
サイズもビッグなので大満足!
真夏は外せないお店です。
IMG_4649.jpg


posted by NOBU at 00:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

杏仁豆腐のひみつ...

中華料理の最後の締めくくりに、必ず食べたくなるものが、杏仁豆腐です。
杏仁豆腐って、お店ごとに千差万別といった感じて、味や食感が微妙にみんな違います。
IMG_1401.jpg
おいしい中華料理店ほど、この杏仁豆腐へのこだわり(ふるふるでクリーミーで、シロップのなかに、時には生の果物が添えられたりする)が感じられ、料理が不味い店ほど、市販の杏仁豆腐(スーパーで特売しているような、固くて、緑色や赤色のも入っていて、芳香剤っぽい感じがするやつ...) だったりするような気がします。

手作りの店が多いって事は、生産性が良いに違いないのではないか!
などと、以前から思っていました。
確かに、レシピとしては、至極簡単。
アーモンドパウダー 杏仁霜(きょうにんそう) + 乳製品・水 + 寒天 + 砂糖
:
これだけの組み合わせで、あの美味しさが出るはずなのです!!
が....しかーし。
これがなかなかうまくいかないのです。
何故か、お店で食べるふるふる感 が出ないのです。
最初は、ゼラチンで作っているのかなとも思ったのですが、本物を注意深く味わってみても、ゼラチン分は感じられませんでした....

ところが、ひょんなことから発見してしまいました。
美味しく作る方法を!!

杏仁霜(きょうにんそう) を水分で延ばしたら、沸騰させるのです。
正確に言うと、杏仁霜(きょうにんそう) のコンスターチをゲル化するまで加熱する と言った感じです。
杏仁霜(きょうにんそう) を入れてからあまり加熱しなかったのですが、うっかり火に掛けたまま放置したら、グツグツと煮えてしまっておりました。
あわててミルクを入れてかき混ぜて、ちょっとへこみながら冷やし固めてみたら、なんとフルフルになっているではあーりませんか。(^_^;)
しばらく杏仁豆腐研究にはまりそうな予感です。





posted by NOBU at 03:01| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

ラズベリー狩り

真夏の週末..
都会の暑さに耐えきれず、避暑を兼ねて、弟の家族と山中湖へお出かけ...
さすがの高原も、昼間の気温は25度を超える暑さ.... 
それでも水面を渡る風が通る森の中では、いくぶん涼しい感じ。
最盛期は初秋だけど、そろそろラズベリーが実り始める季節...
近々、入院する予定の母親のために、病院の食事の時にでも楽しんでもらえそうな、ラズベリージャムでも贈ろうということになり、急遽ラズベリー狩りへ出発!
富士の裾野へ分け入りました。
IMG_1379.jpg
豪快に広々として、なんとも気持ちがよいです。

IMG_1386.jpg
広すぎる地形のため、遠近感がおかしくなりそう...
雷とかにここで遭ったら、かなり怖いだろうなぁ

IMG_1372.jpg
まだちょっと時期が早いようだけど、ラズベリーは実っていました。

IMG_1391.jpg
50分ほどで 500gくらいの収穫です。
丹念に水で洗って、ラズベリージャムにしました。
小さい瓶に小分けして、みんなで山分け (^_^)


posted by NOBU at 02:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 食べ物ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

ときどき食べたいもの...

ときどき妙に食べたくなるものって、いろいろあるけれど....
ハンバーガーもそんなものの一つかも知れません。
中でも、KUA'AINAのアボカドバーガーは、うまいんだなぁこれが
P3220012.jpg

グリルした香ばしいお肉と、アボカドのまろやかさと、トマトの酸味が、とても良いハーモニーを醸し出しています。
すごく美味しいけど、毎日食べたら、確実にメタボ系になっちゃうね...(^_^;)
posted by NOBU at 02:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

氷もち

諏訪湖あたりのお土産屋さんで、地元っぽいものを探していたら、「氷もち」なるものが目に付きました。
「凍りとうふ」なんかは、結構メジャーな食材ですが、「氷もち」って あんまり聞かないなぁ....
だいたい、タイトルからして、"凍り" と"氷"では、微妙にニュアンスが違うような...
というわけで、自分のためのお土産として、さっそく購入!
P3070231.jpg
なんかレトロで良い感じのパッケージです。

P3070232.jpg
開けてみると、餅がスカスカになってるみたい... 目の詰まった寒天って感じ。
これは、まさしくフリーズドライ!

P3070233.jpg
お湯を掛けると、みるみるうちに餅になりました。
箸でつつくと、もちもちとした感じのある、ちょっと溶けかかった餅です。
ちょっぴり感動(^o^)

お味については、本物の餅には遠くおよばないけど、携帯用の餅としては、なかなか優れていると思いました。
何もない山奥で、お餅入りのお汁粉が食べられたりしたら、感激するんだろうなぁ...
昔の人の生活の知恵って凄いな。

砂糖やハチミツで調味して食せ と記載してあるので、お砂糖で甘くしていただきました。


posted by NOBU at 01:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

ラーメンの味は?

ときどき、無性にラーメンが食べたくなることがります...
いろいろなスープのラーメンを食べても、結局一番安定して好きなのは、やっぱり しょうゆラーメンかな....
こってり系のラーメンだと、替え玉をしたくなっちゃうけど、あっさりとしたラーメンは、スープまで飲みきって、一気に「ごちそうさまー!」っていうのも好きだなぁ。
P1280144.jpg
posted by NOBU at 00:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

うまいもん

ときどき無性に食べたくなるのがお好み焼き...
普通のお好み焼きも美味しいけど、広島風のお好み焼きのうまさは、また格別です。
こればかりは、自分で焼くよりも、お店の人に焼いてもらうのが一番!
焼きたての香ばしい風味は食欲をそそります。
おたふくソースをべっちょり塗って、いっただきまーす(^o^)
PA090356.jpg
posted by NOBU at 01:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

うまい魚を食べたいときは...

土曜日の午後
関東地方は、まだ梅雨明けとは行かず、ぱっとしない空模様。
おかげで気分もぱっとしません...
こんな時は、なんかうまいものでも食べに行くのが一番!
ということで、うまい魚でも食べに行こうかと、いつもの千葉の保田漁港にある「ばんや」あたりか... などと思っていました。
しかーし、最近南海も行っているため、若干のマンネリ感を感じている自分がいました...(^_^;)

ちょっとGoogleでなんかないか調べてみました。

出てきたのが清水港! ここはマグロの水揚げ高も多いし、魚介類のお店も多いらしい...
というわけで、静岡県は清水漁港へ向けて発進!!

沈みゆく太陽を追いかけて、東名高速を西へ向かうこと約二時間..
目的地の清水ICへ到着しました。
ここの大きな観光スポット「清水魚市場 河岸の市」の駐車場へ滑り込みます。時間は17:00
P7290001.jpg
駐車場の大きく、駅にも近いので、すぐわかりました。(^^)/

P7290004.jpg
中は小さな市場といった風情です...
いろいろ売っています。 価格もそこそこお得な感じ...
ここで買った干物(アジのひらき)は、今まで食べた中で一番濃厚な味わいだったかも。
ちょっと感動...

買い物もそこそこに、目的の魚を食べに、市場の中のお店へ入ってみました。
最近デパ地下で流行っているようなイートインスタイル。
P7290009.jpg
価格もまあまあといったところかな... 高くはありません。

P7290013.jpg
このマグロ・ウニ丼がなかなかの逸品!
甘い味わいの新鮮なウニと、うまみの深いマグロの刺身が相まって、久々に美味い丼ぶりをいただきました。(^o^)  これで1300円は納得の価格。

18:00には閉店という河岸の市...
また通いたい場所が、ひとつ増えました。
posted by NOBU at 23:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

オクマのファミリーレストラン

JALプラベートビーチオクマは、北部のかなり辺鄙な場所にあります。
国頭村という沖縄でもかなりの田舎にあるため、ホテルを一歩出ると、軽食を取れるパーラーはあっても、食堂などはあまりありません....
その少ない食堂の中でも、美味しかったのがココです。
浜風
国頭郡国頭村字浜478−1
0980-41-2250
FinderScreenSnapz001_1.jpg

洋食屋+居酒屋といった感じのお店です。
洋食といっても、かなりアメリカナイズされたメニューとボリュームからすると、かつてオクマが米軍の保養地(いまでも一部は米軍専用) だったころ、米国人相手に商売していたのかも知れませんね....(あくまで想像)
P6250130.jpg
白身魚のバター焼き (沖縄の海産物店では、メジャーなメニューですね。)

P6250131.jpg
ビーフカツレツのチーズのせ 
  お肉が柔らかくって、うまかったなぁ....
P6250132.jpg
白身魚のクリーム詰め
  お魚と、リッチなクリームと、ソースが相まって素晴らしくまろやかな美味しさ。

P6250133.jpg
もし、オクマへお立ち寄りの際には、お試しください。
posted by NOBU at 02:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

パーラー

国道58号線わきのパーラーでちょっと休憩...
今や露地物パインアップルの最盛期。併設されている農産物販売所の軒先には、とれたばかりのパインが積み上げられています。
よく熟れたパインのあまーい香りがほのかに漂い、じつに良い感じです...(*^_^*)
青いパパイヤやゴーヤー、ヘチマ、スイカなんかもたくさん並んでいました。
P6260154.jpg

パーラーに立ち寄っ最重要な目的は、ぜんざい を食べること!
沖縄へ来たら、この ぜんざい( 黒糖で甘く煮た大正豆と煮汁のシロップで戴くかき氷 )は、黒糖の甘さで、実にスッキリ! パーラーのおばちゃん達の手作り品な事が多いので、お店によって、味がぜんぜんちがうのも面白いところです。
P6250052.jpg
posted by NOBU at 01:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

沖縄そば

沖縄へ来たら、お昼ご飯には、沖縄そば を食べたくなります。
鰹だしのスープと豚肉から出た出汁が相まって、太麺のそばが良く合います。
この 道の駅「ゆいゆい国頭(くにがみ)」( http://www.k-trinity.co.jp/yuiyui/top.html )内にある「レストランくいな」のそばも、なかなかの逸品でした。
P6240146.jpg
柔らかく煮上がっている三枚肉が、なんとも言えない美味しさ...
シンプルだけど、入る物がちゃんと入っていて、余計な物が入っていない。
これなら毎日でも飽きずに食べられそうです。
じゅーしー(炊き込みご飯) 80円 も忘れずに注文してくださいね。
新鮮なフーチバ(よもぎ)の香りが食欲をそそります。
posted by NOBU at 02:42| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

魅惑のA&W (エンダー)

沖縄の魅力の一つは、内地には無い食文化にあります...
近頃では、いかにも沖縄らしいお料理などは、都内の大きな居酒屋チェーンで、目にする機会が増えていますが、まだまだすべてを網羅しているとは言えない感じです。
そんな沖縄ローカルな食べ物の一つが、アメリカンフードです。
かつて日本を占領していた進駐軍が残した食文化... それが沖縄のアメリカンフードではないでしょうか。
なかでもこのA&W (エンダー)は、50年代のアメリカンな雰囲気が今も漂う、素敵なファーストフード店です。
P6230083.jpg
この看板を目にすると、ついつい入ってしまいます。

P6230074.jpg
なんてことないハンバーガーですが、大手チェーンとはちょっと異なる、手作り感のあるで出来映えー

P6230073.jpg
飲み物はやっぱりオレンジジュースです。 
お店によっては、凍らしたジョッキに注いでくれます!!
本当は、ルートビア最高! とか言えたら、うちなんちゅ っぽくて良さそうだけど、ルートビアは慣れないと飲めません(>_<)
だってサロンパスの味がするんだもん...  
ルートビアはおかわり自由です。

P6230076.jpg
これがカーリーフライ(カールさせてあげたフライドポテト)にチリソースとチーズを載せたスーパーフライ!
これでオリオンビールで乾杯できたらさいこうだね !
posted by NOBU at 17:05| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

瀬戸内の鰆

ときどき、美味い魚を無性に食べたくなることがあります....
そんなときは、渋谷東急プラザの地下にある、大きなお魚やさんを彷徨いてしまいます。
ひろい売り場には、たくさんの種類の新鮮なお魚が並べられ、見ているだけでもなかなか楽し。
刺身のコーナーには、マグロなどの赤身の魚から白身の魚、甲殻類までよりどりみどり...
でも僕の欲しい魚は、結局見つかりません...
探しているのが鰆(さわら)のお刺身だからなのです。
関東地方では、決して生では食べない鰆...
新鮮な物もとれると思うのですが、なぜだか焼き魚用の切り身だけなのです。
瀬戸内海の鰆の刺身といえば、マグロの中トロにも引けを取らない円やかな味わいと、滑らかな食感と、すっきりとした後味が素晴らしいのに...
また鰆を食べに行きたいな... 
P5160116.jpg
posted by NOBU at 03:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

復活!? 海鮮あんかけ焼きそば

かつて、奥志賀高原のホテルグランフェニックス奥志賀 ( http://www.phenix.co.jp/hotel/ )のレストラン篝火(かがりび) の「海鮮あんかけ焼きそば」は、どんな事をしてでも食べに行きたくなるような、すばらしく美味しい料理でした。
僕らも、この近くに来たときには、必ず食べに寄っていました。
しかし、昨シーズン、なんとその伝説的なメニューが消え去っていたのでした。( http://goodman.seesaa.net/article/3091758.html ) .... orz
原因は、中華担当のコックさんが退職したからなんだそうで、昨シーズンは後任が見つかっていなかったとの事で、メニューから無くなっていたとのことでした。

今年もためかなと思っていたところ... 風の便りに、メニューが復活したと聞きつけました。

さっそく、自分の目で確かめないと!! ということで行って参りました。
ホテルグランフェニックス奥志賀へ...
P2250034.jpg
いつもながら素敵な佇まいのホテルです。
死ぬまでに一度泊まってみたいものですなぁ....(^_^;)
P2250026.jpg
11:30の開店と同時に、お店へ飛び込みました。
それでも二番のり... 
さっそく「海鮮あんかけ焼きそば」を注文して、待つことしばし....
やってまいりました黒ハート
P2250031.jpg
ジャジャーン...
ではではさっそくいただきまーす!!!
P2250032.jpg

確かに見た目は「海鮮あんかけ焼きそば」でしたが、残念ながら....あの「海鮮あんかけ焼きそば」の味とは違いました(>_<)
でも、オマージュを感じさせるには十分な雰囲気で、みんなで一生懸命食べに着た日々を思い出してしまいました。
いつか本物になってくれないかな...




posted by NOBU at 01:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

お肉屋さんのコロッケ

うちの近所に、昔ながらのお肉屋さん「神戸屋」があります。
お店の雰囲気は60年代風の佇まいで、お店の人たち(家族経営? )が忙しく働いています。
ここのお店は、揚げ物類のメニューが豊富で、トンカツやコロッケだけでなく、アジやカキなどの魚介類や、変わり種のコロッケなど、オーダーを受け付けてから揚げてくれます。
P2040051.jpg
コロッケとメンチカツをどっちゃり買ってきました♪
コロッケは1個74円、メンチカツは1個147円

最近、TV 「メレンゲの気持ち」で紹介されていました。↓
gamen_3.jpg

今日のコロッケもサクサクでホクホクです。
中濃ソースをたっぷりかけていただきました。
P2040054.jpg
posted by NOBU at 02:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

晩ご飯

ときどき魚の煮付けを無性に食べたくなります。
醤油とみりんと砂糖で炊きあげた魚は実に旨い...
熱々の出来たてを、いただくのも良いけれど、一晩たったくらいの良く味の染みたのも、なかなか素敵です。
白飯と、美味しい味噌汁と、こんなおかずがあれば、言うことなしの晩ご飯です。
PA090033.jpg
posted by NOBU at 01:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

チャイニーズ

「夕食に何が食べたい?」 と聞かれて、何を食べたいとも答えないでいると、次に出てくるのは、「和・洋・中・エスニック? ならどれがいい? 」手な感じの選択肢が出てくるものです。
僕の場合は、どのジャンルも好きなのですが、どんな時でも食べたいと思うジャンルは、だんぜん中華料理...
中華料理の魅力は、そのメニューの多彩さです。
どんな体調の時でも、食べられるメニューは、必ず見つかります...  

いろいろな面白い食材がありますが、数ある中でも割と珍妙なのは、北京ダックでは無いでしょうか? このお料理は、水飴をかけながらカリカリに焼き上げたダックの、皮だけをいただくお料理なのです。
料理人は、ダックの首根っこをムンギュと掴みながら、薄く皮だけを器用に剥ぎ取っていきます.... 
薄い小麦粉でつくられたクレープみたいな皮の中に、ダックの皮とネギとみそ(甜麺醤 + 八丁みそ)を入れて、春巻き状に巻いて食べます。
モチモチ・シャッキリ・パリッ と一口の中に複雑な食感を味わえる、実に変わった食べ物です。
※ちなみに、皮を剥がれて残ってしまう、ダックのお肉の部分は、恐ろしくバッサバサな肉質で美味しくありません...
PB120185.jpg
posted by NOBU at 00:54| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

焼き牡蠣

これからのシーズンに美味しくなるものを挙げたら、きりがないほど沢山ありますが、牡蠣は確実にその中に入ると思います。
広島県の宮島では、11月から地物の牡蠣が解禁されます。
そんな地物の牡蠣は、瀬戸内の静かで豊かな海で育ったおかげで、大きくて味が良いのが特徴なのです...
用事で岡山へ行ったついで(?)に、片道150kmの道のりを走破して行ってまいりました。(^_^;)
牡蠣の筏が並ぶ海を、船で宮島へ渡ります。
しばらく歩いていると、貝を焼く香ばしい香りが漂ってきました。
PB040043.jpg
なんと直火で、牡蠣を焼いて食べる、焼き牡蠣の屋台がありました。
良く見ると、あっちでもこっちでも、店先でガンガンと牡蠣を焼いて居るではありませんか!!
この焼き牡蠣こそが、この宮島の名物なんだそうです。
さっそく食してみることにしました。

1個たったの200円! 都内のレストランで宮島の牡蠣を食べようものなら、生食だったら1個500円は下らないのに... さすが産地だけのことはあります。
熱々の牡蠣を、店のおじさんが、鍵付きの器具で、牡蠣の殻をチョイチョイとたたくと、不思議なことに牡蠣がパクッと口を開けました。
上蓋をとって、レモンのスライスを載せて、はい!できあがり。
PB040044.jpg
なんともいえない香ばしい香りで、居ても立ってもいられません!!
レモンをちょこっと絞ったら、いっただっきまーーーーす。
さっそく大胆にパクッ....とやったら、熱すぎました。(>_<)
ちょっと舌を火傷しつつも、はふはふとやりながら、構わずいただきます。
まったく臭みも癖もなく、牡蠣の深い味わいと、プリッとした身と、歯ごたえの良い貝柱が織りなすハーモニーは、他のどこでも食べたことのない美味しさを気づかせてくれました。






posted by NOBU at 00:16| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 食べ物ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。